2016年07月12日

インデペンデンス・デイ リサージェンス

http://www.foxmovies-jp.com/idr/



 前作のBD版の記事で書いた通り、自分にとって特別な作品だっただけに、今回の続編をとても楽しみにしていました。
 予告動画も良くて公開前からテンション上がりまくりでした。

 しかし・・・、残念ながら面白くなかったです・・・。

 話の展開にあまり抑揚がなく、前作で感じた絶望感、緊張感、そして多くの人たちが一致団結して戦いに挑む高揚感といったものが希薄でした。
 予告にもあるように、宇宙船の襲来や重力操作による都市の破壊映像は凄い迫力でしたし、その他の場面場面は良かったところが多かったのですが、それらの繋げ方や盛り上げ方がいまいちでした。勿体ないです。
 最後の戦いはスケールが小さく、緊張感にも欠けるものでガッカリでした。こうなると、いつもなら気にならないご都合主義的な部分にも白けてしまいます。
 音楽も前作ほど印象に残るものではありませんでした。

 いかに見せ方、盛り上げ方といった演出が重要であるかを改めて痛感する作品でした。

 ボロクソに書きましたが、20年前の懐かしの役者さんを見れたのは良かったです。
 前作ではイイとこなしだったオーキン博士が生きていて、活躍したのは嬉しかったですね。

 独立記念日の式典で20年前の英雄の一人としてグレイ将軍が紹介されたのも良かったですし、敬礼したくなりました。役者さん、お元気そうで何より・・・と思ったら、昨年末にお亡くなりになられていました。本作が遺作ということで縁の強さを感じます。
 前作で国防長官を演じていた方も2年ほど前に亡くなられていますね。この方はアポロ計画を描いたドラマ「フロム・ジ・アース 人類、月に立つ」での技術者役も印象的でした。
 両名のご冥福をお祈りします。
posted by こうじ at 23:55 | 映像作品