2016年08月30日

シン・ゴジラ

http://www.shin-godzilla.jp/index.html



 予告映像を見ていたのですが、どういうテイストの作品なのか分からなかったので、ずっと観ずにいたのですが、ドライブがてら気軽に鑑賞してみたら、あまりの面白さに唖然としました。
 僕の中では邦画史上最高傑作です。

 ゴジラという未知の巨大生物が突如出現したとき、この国がどのように対処するのかをリアルに描いています。以前の記事で「緊迫の会議シーンが好きだ」と書きましたが、本作の会議での掛け合いはとても見応えがあり、たまりませんでした。
 様々な立場の人たちが、国民の被害を最小限に抑えるために各々の最善を尽くす様には涙が出ました。日本凄ぇよ、マジで。誇りに思いました。

 自衛隊や米軍による攻撃シーンも見応えがありました。
 F2からのレーザー誘導爆撃やB2からのバンカーバスター投下、アパッチからのヘルファイアぶち込みとか、たまりませんね。

 そしてゴジラ。上陸したてのときの第2形態のキモかわいさがたまりません(笑)
 成長した後、とてつもないことをしでかしますが、エヴァでお馴染みの鷲巣さんの曲と相まって、禍々しさと絶望感がハンパなかったです。過去にハリウッドのゴジラを2作見ていますが、これほどまでに怖いと思ったゴジラは初めてです。
 ゴジラの生態についても、とても興味深いもので、あれこれと想像を掻き立てられるものになっています。

 僕は異星人侵略もの(ID4、バトルシップ等)やディザスターもの(アルマゲドン、ザ・コア等)が好きですが、結局のところこれらは、現代の人類が未知の脅威にどのように対処していくか、人類が本気を出せばどこまでやれるのか、を描いた作品で、本作もまさにそういう作品でした。
 アポロ計画なんかも、まさに人類の本気を見せてくれたわけで、やはりそういうものに惹かれるんでしょうね。

 くそー、こんなに面白いんだったらIMAXで上映しているうちに観にいきゃ良かった・・・と思ってたら、IMAX上映が再開されてました!
 週末に観に行こうと思います。
posted by こうじ at 00:39 | 映像作品