2017年06月29日

陸上 日本選手権 観戦

 陸上の日本選手権、今年は近くの長居で行われたので観戦してきました。

 事前にS席のチケットを購入していたものの、夕方来場したらゴール付近は午前中の時点で満席(汗)

17062901.jpg

 やむ無く、この位置に。
 この位置から陸上を観戦するのは初めてですが、悪くないかも。

17062902.jpg

 200mの予選では、レジェンド末續さんが9年振りに日本選手権に出場!
 モニタに映し出されると、会場中から大きな拍手が沸き起こり、僕も拍手で讃えました。
 2007年の世界陸上大阪のとき、同じ長居で末續さんの200mを生で見て以来ですが、あれからちょうど10年になるんですね。

17062903.jpg

 結果は最下位でしたが、37歳にして21秒50というタイムは驚異的です。

17062904.jpg

 そして注目の100m決勝。
 史上最高レベルと言ってもいいくらいのメンバーが揃う中、18歳のサニブラウンが勝利!
 接地がかなり前方で、グングン推進していく大きな走りが凄いです。
 10秒0台連発で、もう普通に世界レベルでの活躍が視野に入ってますね。

 ビックリしたのが、関西出身の多田が2位を獲ったこと。
 電光掲示板に結果が掲示されると、会場中から歓声が沸き起こりました!
 あのガトリンを唸らせた驚異的なスタートの飛び出しと、高速ピッチがカッコイイです。

 桐生は残念ながら4位と揮わず、個人での世界選手権出場を逃しました。
 4月の織田記念は広島まで観戦しに行ったんですが、桐生は0台で優勝だったので、日本選手権は、同じく好調だった山縣との一騎打ちだろうと踏んでいたのに、山縣は怪我で、桐生はピークを持ってこれず・・・。一方、調子が上がらないように見えていたケンブリッジが自己ベストを更新するほど調子を上げてきて決勝も3位だったりと、ホント分からないものですね・・・。
 日本短距離界悲願の9秒台を、同じ滋賀出身の桐生に最初に出してもらいたい気持ちがありますが、サニブラウンや多田に先越されるかもしれませんね。しかし、何という贅沢な悩み(笑)短距離のレベルが凄まじいことになってます。
posted by こうじ at 00:37 | スポーツ