2012年04月18日

NEX-5N

12041801.jpg

 ソニーのミラーレス一眼「NEX-5N」を購入しました。通常の一眼レフカメラEOS40Dを以前から使っているんですが、何せ大きくて重たいので、身軽な荷物で観光しながら撮影というわけにいかないのが難点でした。そこで、小さいながらも本格一眼並みの画質で撮影できるミラーレス一眼に目を付けたわけです。
 NEX-5Nは無駄を削ぎ落としたスタイリッシュなデザインで、それでいてグリップが握り易いという機能性の高さも兼ね備えています。さらに重量も軽く、本格一眼と同じAPS-Cサイズの撮像素子を備えるなど、とても魅力的だったので選びました。
 もう一つミラーレスに魅力を感じていた点が、背面の液晶でリアルタイムに露出具合が確認でき、狙った絵を撮り易いことです。表現としての白飛びにトライしてみたかったこともあって、この点はミラーレス購入の強い動機となりました。

12041803.jpg12041804.jpg

 可動式液晶は高い所や低いところの撮影に便利で、後述する桜の撮影で役立ちました。

12041802.jpg

 ショルダーストラップも購入しました。
 さぁ、カメラだけ肩から下げて身軽に観光に出発です。

12041805.jpg12041806.jpg

 訪れたのは京都の哲学の道。京都で一番好きなところで、何度か来ていますが、桜が咲いているときに来るのは初めてです。以前からここで桜を撮りたいと思っていました。

12041807.jpg

 見事な咲きっぷり。

12041808.jpg

 お洒落なお店が桜で一層素敵に。

12041809.jpg12041810.jpg

12041811.jpg12041812.jpg

 NEX-5Nの売りである本格一眼並みのボケ味です。大満足。

12041813.jpg

 デジカメWatchの記事で関心を持った透過光撮影。

12041814.jpg12041815.jpg

 透過光は控えめであっても、バックの空を白飛び気味にするくらいの露出で撮ると明るく華やかな雰囲気になってイイ感じです。

12041816.jpg

 散った桜の花びらで川の水面が埋め尽くされていました。幻想的な光景にあちこちから感嘆の声が。

 NEX-5Nにはピクチャーエフェクトという様々な表現効果を加味できる機能が搭載されています。これがなかなか楽しいです。

 12041817.jpg12041818.jpg

 左の通常撮影に対し、右は彩度を高くする「ポップカラー」で撮影。対象によってはうるさい絵になってしまうことがありますが、桜の撮影では効果的です。

12041819.jpg

12041820.jpg12041821.jpg

 白く飛ばした背景にビビッドなピンクが栄えます。この組み合わせ、すごく気に入ってます。高輝度、高色域を誇るLZ9600の大画面いっぱいに映し出して感動しました。このディスプレイを買ってほんとに良かったと思える瞬間です。

12041823.jpg

 こちらは「ハイコントラストモノクロ」で撮影。バックが林でもともと強めのコントラストをさらに強めました。こちらもLZ9600で映して、エリア駆動バックライトによる究極の黒表現で強烈なコントラストを堪能できます。

12041822.jpg

 原色を一つだけ残して他はモノクロにする「パートカラー」です。お洒落な絵が撮れます。

12041824.jpg12041825.jpg

 桜吹雪です。濃緑の林がバックで花びらが際立っています。

12041826.jpg

12041827.jpg12041828.jpg

 哲学の道で遭遇した動物たち。


 哲学の道を歩き切り、その他をぶらり。

12041829.jpg12041830.jpg

 岡崎疎水にて。左の通常撮影に対し、右は諧調を幅広く出せるHDR撮影です。オートブラケット撮影から合成までやってくれて便利です。

12041831.jpg

 ソニーお得意のスイングパノラマ撮影を初体験。

12041832.jpg

 京都会館前のこの構図はお気に入りです。

12041833.jpg

 鴨川。


 携帯性や画質などの面で期待通りの活躍をしてくれたNEX-5Nですが、不満な点もあります。
 一つはオートフォーカス性能。手前の花にフォーカスカーソルを合わせてシャッターを半押ししてもなかなかピントが合わず、奥のほうの景色ばかりフォーカスされてしまうことがあります。EOS40Dではそんなことはなかったので、これが位相差検出方式とコントラスト検出方式の差か、と実感しました。京都観光の後で、マルチフォーカスに便利なピーキング(ピントが合っているところに色が付く)という機能があることを知り、次回撮影する機会に試してみようと思っています。
 もう一つは露出調整について。EOS40Dではシャッターを半押しして露出をロックした状態でダイヤルを回せば露出具合を微調整することができました。しかし、NEX-5Nでは一旦ロックを外し、露出調整メニューを出して強弱を設定した後、改めて測光を行う必要があります。せっかく背面液晶でリアルタイムに露出具合が確認できるのに惜しいです。

 とはいうものの、利点の大きさは絶大ですので、これからも出かけるときは基本的にNEX-5Nを持ち運ぶことになりそうです。
posted by こうじ at 02:05 | 写真