2015年06月22日

E3 2015

先日のE3にて興味深い発表がたくさんありました。

■ アンチャーテッド 海賊王と最後の秘宝



 アンチャがPS4に登場!
 質感の高いグラフィックスも凄いですが、物量も半端ないです。たくさん積まれたメモリの恩恵ですね。
 PS4の購入は、これかFF15と併せてになりそうです。

■ FinalFantasy7 リメイク



 以前、リメイクを匂わすスタッフ採用告知があったため期待していましたが、正式に発表されました。
 オリジナルをリアルタイムで遊んで衝撃を受けた自分としては絶対買いです。クオリティも凄まじそうで、かなり楽しみです。
 PS4版は「先行リリース」らしく、その後、他プラットフォームへの展開がありそうです。是非、PC版を出してほしい!

■ ミラーズエッジ カタリスト



 ついに発売時期が明らかになりました!来年の春頃です!
 このときをどれほど待ったか・・・!
 次にPCを新調するのは、ミラーズエッジの続編を購入するときと決めていました。これまでを遥かに凌ぐ最高のマシンで迎えるつもりです。

■ Radeon R9 Fury



AMD,新世代GPU「Radeon R9 Fury」を発表。
15cm強の短尺モデルから空冷,液冷,デュアルGPU構成までの4モデル展開に
http://www.4gamer.net/games/302/G030238/20150617002/

 ついに積層DRAM技術による超広帯域メモリアクセスを実現したGPUが登場しました。
 所持しているディスプレイは4Kですので、メモリ帯域は死活問題。ミラーズエッジ カタリストのグラフィックスを余すことなく描くためにも、この技術を採用したGPUを購入するつもりです。
posted by こうじ at 00:25 | ゲーム

2014年11月02日

3DMark FireStrike Ultra

Futuremark、定番3Dベンチマークソフト「3DMark」の最新版v1.4.775を公開
有償エディションに4Kモニター向けのベンチマーク“Fire Strike Ultra”が追加
http://www.forest.impress.co.jp/docs/news/20141014_671178.html

最新版
http://www.techpowerup.com/downloads/2412/futuremark-3dmark-2013-v1-4-778/

 3DMarkのFireStrikeが4K解像度に対応しました。
 4Kディスプレイは買ったものの、まだドットバイドットのリアルタイムCGソースを映したことがなかったので、このベンチマークで試してみました。

14110201.png14110202.png

 動作中のスクリーンショットです。
 さすがは4Kという高精細さ・・・ですが、動きに関しては1桁fps台で、ガックガクです(汗)

14110203.png

 ハイエンドGPUで、この有様・・・。
 4KではSLIが必須ということですね。
posted by こうじ at 12:46 | ゲーム

2014年10月16日

シンラ・テクノロジー設立

【特別企画】シンラ・テクノロジーが目指す“スーパーコンピューターゲーミング”とは何か?
究極のクラウドゲームを実現する独自技術と、和田社長のビジョンを徹底解説!
http://game.watch.impress.co.jp/docs/news/20141015_671137.html

 リアル神羅カンパニーが誕生!

 取り組みも興味深いです。
 予てから、FinalFantasyは究極なんだからオフラインのナンバリングでもPCで出してよ、と思っているんですが、それを通り越してクラウドで超ハイスペックなマシンによる映像体験が可能になるかもしれませんね。
posted by こうじ at 00:12 | ゲーム

2014年08月04日

東大卒プロゲーマー

14080401.jpg

 2D格ゲー界で有名なときど氏の自伝です。

 僕は3D格ゲー(というかバーチャ)プレイヤーなので、ときど氏のことやプレイを詳しくは知りませんでしたが、東大生だったことや、最近プロゲーマーになったことは知っていました。書籍が出たことを知り、興味が湧いたので購入しました。

 対戦に勝つ方法をとことん追求する姿勢は梅原さんと同じ。ときど氏の場合は、ゲームで学んだ、成果を得るためのプロセスを学業に活かすことで東大に合格し、さらには研究活動で名誉ある賞を獲得しています。
 誰もが賞賛する輝かしい経歴ですが、大学院入試で他大学の学生の点数に劣り、学部時代に所属していた研究室に入れず、研究を続けることができなくなり挫折。本書の内容から読み取れる限りでも、ときど氏の学部時代の研究姿勢は素晴らしく、功績も上げています。東大だからか旧帝だからか分かりませんが、この非情さはあんまりだと思いました。この大学の硬直的なシステムへの反感も、未開拓なプロゲーマーという職を選ぶ動機の1つになったそうです。
 プロゲーマーになってからは未開拓なだけに大変ながらも、業界の発展を目指して精力的に活動されているようで、応援したくなりました。

 先月、世界最大の格ゲー大会EVO 2014が開催されましたが、ときど氏は、ウル4では揮わなかったものの、KOF13で準優勝。これからも活躍が期待されます。

 そのEvo 2014、ウル4の優勝者であるルフィ氏(フランス)は、なんと初代PS用パッドで(コンバーターを介して)プレイ!僕も昔、セガサターンパッドの持ち方を研究して格ゲー操作に適応させた経験があり、パッド操作のポテンシャルについては理解があるほうですが、世界最高峰の対戦でパッドというのには流石に驚愕です。お見事!
posted by こうじ at 22:28 | ゲーム

2014年03月29日

DirectX12とMantleの関係

GPUの進化に対応したMicrosoftの次世代API「DirectX 12」の背景
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/column/kaigai/20140325_641071.html

 後藤さんによるDirectX12の記事です。

 先日、Mantleの機能がDirectX12に取り込まれるのかもしれないと予想しましたが、実際はMantleに触発されて独自に実装を始めたようです。AMDは以前からMicrosoftに低オーバーヘッド化を呼び掛けていたのに動いてくれなかったとのこと。

 他人がやってくれないなら自分でやる。見習いたい姿勢です。
posted by こうじ at 20:47 | ゲーム

2014年03月24日

DirectX12発表

[GDC 2014]DirectX 12,ついに発表。その特徴に迫る
http://www.4gamer.net/games/033/G003329/20140321013/

 既存のハードウェアでも対応できることから、API側だけの改良となります。GPUに処理をさせる際のオーバーヘッドを減らす改良が主になるようです。

 AMDのMantleとは何だったのか、となりそうな状況ですが、過去にAMD(ATI)のテッセレーション機能がDirectX11に取り込まれたことを考えると、今回も同様にMantleが取り込まれるかたちになるのかもしれません。

 もう一つ気になるのが、OIT(Order Independent Transparency)機能が搭載されること。ピクセル単位でソートしながら正しい半透明描画が行える機能で、長年望まれていたものです。
 以前、DirectX11のコンピュート機能を使って実装してみたことがあります。

14032401.png

14032402.png

 Core i7-3770T(HD Graphics 4000)で実行している様子(左上の数値はfps)ですが、構造化バッファのIncrementCounter命令のコストがかなり大きいようで、この命令でfpsがガクンと落ちます。まぁ、せっかくの超並列プロセッサにシリアルな処理を強いるわけなので当然といえば当然ですが、外部メモリアクセスのような長大なレイテンシを多数のスレッドで隠蔽するのと同様に工夫の余地があるのかが気になっていました。
 今回のバージョンアップではハードウェア側の変更はなしなので、大幅なパフォーマンス向上は難しいとしても、何らかのパフォーマンスメリットは欲しいところです。プログラムしなくて良くなるだけでも有難いことではありますが、期待したいです。
 このコンピュート機能を活かした高速なOITもAMDによって提唱されたものなので、ひょっとしたらそれが取り込まれるのかもしれませんね。
posted by こうじ at 00:55 | ゲーム

2014年03月01日

VF5FS ジャッキーの超絶コンボ動画

 チャパ王さんによるVF5FSのコンボ動画です。



 VF5FSはそれまでのシリーズと比べ、かなり長い壁コンボが入るようになっており、上記動画のジャッキーをはじめ、即死コンボを持つキャラも何人か知られています。

 しかし、ここまであらゆる技が入るとは思いもしませんでした。もはや芸術の域。
posted by こうじ at 23:45 | ゲーム

2014年02月02日

プレイステーションシリーズの熱設計

SCEI、プレイステーション 4の冷却設計について公開
http://game.watch.impress.co.jp/docs/news/20140116_631118.html

 PS2からPS4の熱設計を行った鳳氏の講演です。

 数年前、日経エレクトロニクスにて連載されていた鳳氏の記事を読んだことがあったのですが、初代PS3の狭苦しい二階建て構造を複雑に進む極めて技巧的なエアフロー、熱設計に驚愕しました。自作PCの広々とした空間の直線的なエアフロー構築に自分が悩んでいたことがとても小さなことに思えました(笑)

 冒頭の記事で初代PS3は他機種と比べて「換気量」、「吸排気口面積」などの点で突出していることからも苦労が窺えます。

 ユニークなのが、現モデルのPS3でアンモナイトのらせん構造をヒントに流路を設計したところ。シャープの技術者がエアコン室外機のファン形状に鳥の羽の形状を取り入れたり、アントニ・ガウディが自然の構造を参考にすることで革新的な建築を実現したりと、生物や自然から学べることというのは多そうですね。

 PS4もそのらせん構造を踏襲しており、コンピュータとしてだけでなく、メカ的にも興味深い製品で、購入意欲が上がります。

 しかし、今回はゲームをする時間的余裕がないこともあり、発売日での購入は見送ることになりそうです。
posted by こうじ at 19:39 | ゲーム

2013年12月29日

ミラーズエッジ2 発表

EAカンファレンスで『ミラーズエッジ2』が発表に【E3 2013】 ( ファミ通.com
http://www.famitsu.com/news/201306/11034703.html



 全然、気付いてなかったんですが、ミラーズエッジの続編が発表されてたんですね。

 このゲームは没入感の観点で当方にとって人生3大ゲームの1つで、予てから続編を望んでいたので、とてもうれしいです。

 開発スタジオであるDICEはBattleFieldシリーズで有名で、開発リソースをほとんどそちらに振っているか、単にミラーズエッジ続編の企画がないだけか、と悶々としていたのですが、企画は生きてたんですね。

 プレイはしていませんが、BattleFieldのグラフィックスのリアルさはかなりのもの。レンダリングにGPGPUを活用したFrostBiteエンジンを開発したりと先進的なスタジオです。上のトレーラーによると、ミラーズエッジ2もそのFrostBiteエンジンで作られているようなので、とても楽しみです。

 また、BattleFieldの最新作ではMantleにも対応してシステムのパフォーマンスを捻り出そうとしてますし、ミラーズエッジ2でも対応するんではないでしょうか。次に買うGPUはAMD一択になりそうですね。
posted by こうじ at 15:17 | ゲーム

2013年03月21日

NEOGEOX

http://neogeox.com/

13032114.jpg

 NEOGEOフリークである当方はホイホイと買ってしまいました。

13032101.jpg

 箱。左がオリジナル、右がNEOGEOXです。

13032102.jpg

 縦置き。手前にあるのはオリジナルのROMカセットの箱。

13032103.jpg

 上がオリジナル本体、下がNEOGEOXのドッキングステーション。オリジナルより小さいです。

13032105.jpg

 コントローラと携帯型の本体を並べたところ。

13032106.jpg

 この本体に複数のROMイメージが格納されています。あのデカいROMカセットは何だったんだと言いたくなりますね。

13032107.jpg

 ドッキングステーションはこのようにパカッと開きます。

13032108.jpg

 本体を差し込んで・・・

13032109.jpg

 閉じます。
 
 この状態で電源やHDMIを接続することで据え置き機的に遊べます。

13032110.jpg

 こんなふうにROMカセットを挿すみたいにするスタイルのほうがおもしろかったのでは?(笑)

13032104.jpg

 まぁ、オリジナルの立派な出で立ちには敵いませんね。

13032111.jpg

 さぁ、ディスプレイに接続してプレイ。

13032112.jpg

 この画面でゲームを選択します。

13032113.jpg

 うーん、懐かしい!NEOGEO漬けだった中学の頃を思い出します。

13032114.jpg

 携帯型本体で遊ぶのも一興。
 こういったスライドタイプのスティックは好きではないんですが、水平垂直方向でカチッとスイッチするときの適度な抵抗感が良く、思いの外入力し易かったです。

 以下、ゲーム画面のキャプ画。

■ 餓狼伝説SPECIAL

13032115.png

13032116.png

13032117.png

■ KOF95

13032118.png

13032119.png

13032120.png

■ 真サム

13032121.png

13032122.png

13032123.png
posted by こうじ at 22:57 | ゲーム