2008年10月08日

GT5 Prologue specIII

バージョンアップして3台の車が追加されました。

以下の走行画像はランキングトップの方のリプレイ映像から取得させていただきました。

・ GT by シトロエン

08100801.jpg

08100802.jpg08100803.jpg

かっこよすぎです。
平らでかつ厳つい形状のボディ。
LEDの極小ライト。
ユニークなサイドミラー形状。
ガルウィング。
燃料電池車でクールな走行音。

08100804.jpg08100805.jpg

近未来的な運転席。

08100806.jpg

とにかくかっこいい。

他にも独特なデザインの車として光岡自動車の大蛇が好きなんですが、こういった車が街中でたくさん走るようになったら楽しいだろうなぁと思います。

・ フェラーリ カリフォルニア

08100807.jpg

08100808.jpg08100809.jpg

オープンカー大好きです。
今までのGTはオープンカーであっても屋根が付いていて、どれもオープン状態では走れなかったんですが、ついにオープン状態での走行が実現しました。

08100810.jpg08100811.jpg

大局照明的な陰影処理(焼き込み?)の効果がよく表れている、非常にフォトリアルなシーン。

08100812.jpg08100813.jpg

見晴らしがよく気持ちいいです。

08100814.jpg

陽の反射がとてもキレイ。

08100815.jpg

相変わらず影のエイリアスは強烈です。
ロスト・プラネットで使われている、メモリをバカ喰いしそうなカスケード版LSPSMはムリとしても、基本的なLSPSMすらも実装されていないのでは・・・
ゼンジーさんの記事にもあるように、影生成の主流は深度バッファシャドウ技法となり、その欠点であるエイリアスを克服する手法も出てきました。
優秀なGTのスタッフができないのであれば、もうハードウェア性能的に限界のような気がします。

・ ロータス エヴォーラ

08100816.jpg

08100817.jpg08100818.jpg

僕の好きなエリーゼを作っているメーカーの新車です。
う〜ん、個人的にはエリーゼのほうがいいです。

08100819.jpg08100820.jpg

皮の質感がすごい・・・

08100821.jpg

今週末は富士山の下、このコースでF1が開催されます。
楽しみです。
posted by こうじ at 00:00 | ゲーム

2008年08月29日

VF5R サラのコンボまとめサイト開設

http://axts10.web.infoseek.co.jp/sarah_combo/

08082901.jpg

先月リリースされたバーチャファイターの最新作、VF5Rをプレイしています。

僕が使っているキャラであるサラのコンボを、VF5BBSのサラスレの情報を中心にまとめるサイトを作りました。
コンボのダメージや入る条件などを補完しています。

今作は性能の高い技が増えて戦い易くなりました。
また、壁コンボで半分以上減らせるのも爽快です。

前作、VF5のXBox360版のネット対戦が非常に快適で楽しめたので、今回も家庭用が出るのか気になるところです。
posted by こうじ at 00:00 | ゲーム

2008年04月06日

GT5P F2007

08040601.jpg

やっとゲットしました。
お金はイベントのS-6をひたすらやり続けて貯めました。
ショートカットを使うことでコンスタントに2、3位を獲れるのでこれが一番効率良かったです。

08040602.jpg

操作してみましたが・・・ まさに異次元(汗)
これまでの車とぜんぜん違います。
加速がすごいのでシフトチェンジが忙しない。
短い直線でもすぐにすごいスピードになって、ブレーキングポイントやライン取りがものすごくシビアに。
曲がり易さもかなりのもので、地面に吸い付いているかのようにクンっと曲がる。
まともに操作できず、「すげー、すげー」連呼です。
こんなモンスターカーでレースしてるF1ドライバーはほんとすごいです。
今夜のF1はちょっと感慨深く見れそうです。

GT4をやっていた頃から、ポリフォニーデジタルのF1ゲームがやりたいなぁと思っていたんですが、1車種だけではあるものの、それが実現したカタチになりうれしいです。

08040603.jpg08040604.jpg

08040605.jpg08040606.jpg

鈴鹿にて。

08040607.jpg08040608.jpg

空気感があってすごくリアルです。
これぞフォトリアル。

08040609.jpg08040610.jpg

08040611.jpg08040612.jpg

08040613.jpg08040614.jpg

メニュー画面より。
posted by こうじ at 00:00 | ゲーム

2008年04月03日

GT5P EventモードのSクラスをクリア

08040301.jpg

F1マシンを諦め切れず入手条件の一つであるSクラスクリアを何とか達成しました。
次は購入資金を貯めないといけないんですが、とても高いのでまだまだ時間がかかりそうです(汗)
posted by こうじ at 00:00 | ゲーム

2008年03月29日

GT5 Prologue specII

08032901.jpg

08032902.jpg08032903.jpg

バージョンアップしました。
なんとフェラーリの昨年のF1マシンが追加です。
このマシンは形状、カラーリング等、とても気に入っていて、プラモデルが欲しいなぁと思っていたんです。
(特にフロントウィングがかっこいい!)
GT5 Prologueで登場とは思いもしませんでした。
ボディやタイヤの質感がとてもリアル。
見事なシェーダ処理です。

しかし入手条件がすごく厳しい・・・
クリアする腕も根気も無く、ショールームで眺めて楽しむだけになりそうです(涙)

08032904.jpg

メニュー画面のワンシーンです。
実写並みのリアルさです。
車が地面に落とす影の縁にはアンチャーテッドでも使われていたディザリングが施されています。
メジャーな手法になるかもです。
posted by こうじ at 00:00 | ゲーム

2008年02月11日

アンチャーテッド

08021101.jpg

グラフィックがすごそうだったので買ってみました。
期待通り、めちゃくちゃすごいです・・・。

08021102.jpg

美しい自然描写。
環境音と相まって暖かな気温まで想起させられます。

08021103.jpg

実写と見紛うほどのリアルさ。

08021104.jpg08021105.jpg

石の質感は触ったときの感触が容易に想像できるほど。
ゲームっぽい粗が全く感じられません。

08021106.jpg

水の表現も相当なもの。
今や定番とも言えるフレネル効果はもちろん実装。
そして水面の揺らぎがとてもリアルです。
これどうやってるんだろう・・・。

08021107.jpg

大海もイイ感じです。

08021108.jpg

ジャングル。

08021109.jpg

屋外と屋内のコントラストが素晴らしい。
HDR大活躍です。

08021110.jpg08021111.jpg

HDRの活用といえば暗い場所から明るい場所に移るときの動的露光補正もありますが、こちらもイイ感じです。

08021112.jpg

屋外の感じをリアルにする強いコントラスト。
これはバイオハザード5でもすごそうなので楽しみです。

08021113.jpg08021114.jpg

空気感が感じられる場面。

08021115.jpg

作り込まれた荘厳な建物。
こういう見上げる視線は臨場感が高まるので好きです。

08021116.jpg

深度バッファシャドウ技法による影表現。
この技法をプログラムしてみたことがありますが、一般的に言われる通り影の縁の荒さを抑えるのが難しい手法であることを実感しました。
(それでも数ある中で最も妥当な手法です)
しかし本作では粗が出易い広範囲な影でも、それがかなり抑えられています。
LSPSM系のシャドウマップ技法ではないかと思います。
それで大方の粗を抑えた上でさらに縁を柔らかくする処理を加えています。
VF5のように平滑化によるものが一般的だと思いますが、本作ではディザリングっぽい処理を施しています。
これがイイ感じで、シャドウマップ技法でありがちなチラツキがかなり見えにくくなっています。
たしかに「不自然な歪を抑える処理」という観点では平滑化よりもディザリングのほうがより適切と言えそうです。
(音声や画像の量子化歪を抑えるのに使われていますし)
平滑化は平滑化でキレイなので、ゲームデザインや状況に応じて選択するとイイのかも。
これに似たディザリング処理はモーターストームの砂煙でも見られました。
あれは砂っぽさ重視かな?

08021117.jpg

背景のブラー。
距離に応じてブラー度合いが違い、奥行き感があります。
キャラクタのモーションブラーは無しです。
30fpsなのでちょっとカクついた感があります。
でもモーションの多彩さや繋がりの自然さはすごいです。
将来的には60fps+ブラーを期待したいです。
また、さらなる高解像度化と強力なAAもできれば最高ですけど、そんなのは次世代でもできるかどうかでしょうね・・・。

08021118.jpg

服が水に濡れた感じがリアル。

08021119.jpg

キャラクタの表情がすごく豊かです。
眉、目、口が動く動く。

08021120.jpg

造形、表情、複数方向からの光の反映など、リッチな人物表現が光ります。
これに表面下散乱効果が加わればパッと見、実写と区別がつかなくなるのでは・・・。

表情の表現方法といえば、CGWORLD誌12月号で特集が組まれていて、いろいろユニークな方法が有名な作品毎に紹介されていました。

その他、ゲーム関連の表示が極力抑えられててイイです。
スコアやゲージなどの表示が多いとリアルな画面への没頭が醒めてしまうので、この方針はうれしいです。
(TDUもゲーム関連表示はすべて非表示で遊んでいます)

ゲームのほうは操作説明表示や細かなオートセーブなどの親切設計でサクサク進めることができます。
ストーリーもおもしろくて先の展開が気になりっぱなしです。

芸術的な建造物やその廃れ具合は物量、作り込み、ともにかなりのもので、作った人本当にすごいなぁ、と思います。
そこから感じられる歴史的な神秘さと自然描画の美しさ。
これらを観賞するだけでもかなり楽しめるソフトです。

08021121.jpg動画

たまたま見つけたバグ。
下にいるキャラが着地を邪魔して落下状態が続き死亡。
posted by こうじ at 00:00 | ゲーム

2007年12月13日

GT5 Prologue

07121301.jpg

日差しと陰の表現がとてもリアルです。
ロンドン市外地コースでは、明るさが違うところに移ったときの動的露光補正の自然さがイイ感じです。

今作はダウンロード販売で購入しました。
自宅ですぐに購入できるというのはすごく便利ですね。
posted by こうじ at 00:00 | ゲーム

2007年12月07日

池袋サラさんと対戦

07120701.jpg

VF5のネット対戦をしていたら「IKESARAH」というタグのプレイヤーを発見。
もしかして、有名なあの池袋サラさん!?
対戦しましたが、戦い方が池サラさんっぽい・・・。
対戦後、相手の詳細情報を見ると確かにご本人でした。

僕はずっとサラを使っていますが、そのきっかけは10年前、VF3の攻略ビデオで見た池袋サラさんの華麗なプレイに感動したからでした。
そのときから考えれば、憧れの池袋サラさんと自宅で対戦できるというのは夢のような話です。

すごい時代になりました。
posted by こうじ at 00:00 | ゲーム

2007年12月06日

XBOX360版 バーチャファイター5

07120601.jpg

最大の注目はネット対戦です。
当方は光回線ですが、快適に対戦できています。
相手によってはラグがひどいですが、表示される通信状況の良い相手を選ぶようにすれば問題ないです。

それでも確定する打撃が入らなかったりすることはありますので、アーケードと同等の精度でプレイしたいという方にはキツいと思います。
ただ、画面が止まったり動きが引っかかったりすることはなく、見た目のストレスはありません。
そうした不安定な要素もゲーム性のうち、と前向きに割り切って楽しめますし、アーケードでやり込まれている方でも、オンとオフで戦い方を切り替えられる器用な方なら問題ないと思います。

あと、グラフィックはアンチエイリアスがかなり効いていて、PS3版よりもキレイです。
これもうれしいところです。

オンラインはSarahBouというタグでプレイしています。
対戦することになったらよろしくです。
posted by こうじ at 00:00 | ゲーム

2007年11月18日

R-GRAY1 3DCGモデル作成

07111801.jpg07111802.jpg

レイストームの攻略本に付いていたペーパークラフトを元に作成しました。
初めての3DCGモデリングでしたが、メタセコイアが評判通りの使い易さで楽しく作業できました。

07111803.jpg

レンダリングにはRedqueenを使っています。
ブースターエフェクトが無くてちょっと寂しいです・・・

ここからモデルを良くしようとするなら、ハイポリモデルを参考に面取りやディティールの作り込み、バンプマップによるモールド表現などが有効でしょうか。
追々やっていきたいです。
posted by こうじ at 00:00 | ゲーム