2017年04月22日

京都でエリーゼ撮影

17042201.jpg

 以前からの念願だった京都でのエリーゼ撮影に行って参りました。
 美しい車と美しい街。美の競演です。

■ 辰巳大明神

17042202.jpg17042203.jpg

 GT5のフォトモードでも有名な場所です。
 右が昨年、PS3を売る前にGT5でイメトレのために撮影した写真。

 GT5を夢中でプレイしていた2011年頃、まさか同じ場所でリアルフォトモードをすることになるとは夢にも思っていませんでした。

17042204.jpg17042205.jpg

 別アングルから。

17042206.jpg

 前日に、いつもお世話になっているKeePer LABOで洗車&コーティング(耐久期間の1年が経ったので再施工)をしてもらったので、ピッカピカです。

17042207.jpg

 幻想的な光景に息を呑みました・・・。
 京都の景観を作ってきた人たちの圧倒的センス。天才としか言いようがない。

 GT5のフォトモードと同じ満開の桜の下で撮りたいとずっと思っていたのですが、仕事や天気の関係でチャンスは1年で1回か良くて2回くらいと考えられましたし、直前まで開花情報や天気予報と睨めっこでした。満開は4/7(金)あたりからと分かり、人通りが少ないであろう平日の4/10(月)の早朝に狙いを定めたんですが、その直前の週はずっと雨・・・。ところが、なんと4/9〜10は雨が止んで4/11からはまた雨という天気に!
 それだけではありません。もし風が強かったら、桜が揺れるのでシャッター速度を速めなければならず、そうなると早朝の暗い中なのでISO感度を上げなければならず、どうしてもノイジーな写真になってしまいます。しかし、風もほとんどなく、桜はほとんど静止状態!ISO感度最低での長時間シャッターにより、目立ったブレのない高S/Nな写真を撮ることができたんです。神様が居るとしか思えない・・・。

■ 祇園新橋

17042208.jpg17042209.jpg

 辰巳大明神のお隣にある、風情のある通りです。

17042210.jpg

 まるでエリーゼでお店に乗り付けたかのようなシチュエーションです。
 午前4時頃にも関わらず明かりを点けてくれているので、このような非現実的な写真を撮ることができました。本当に有難いです。

■ 花見小路通

 続いて花見小路通へ。
 花見小路通と言えば、風情のあるお店が並んだ光景なんですが、諸事情により望みの写真が撮れず。また機会があれば撮りたいと思います。

17042211.jpg

 その花見小路通の突き当り付近の桜が見事だったのでパシャリ。

■ 嵐山竹林

17042212.jpg

 最後は嵐山の竹林へ。
 ここはGT4のフォトモードで撮影できた場所ですね。

17042213.jpg

 ずっとイメージしていた通りの幻想的な絵が撮れました。
 FF12のサリカ樹林の曲が脳内で自動再生されました(笑)

 月曜の早朝ではありましたが、外国人観光客を中心にけっこう人がいました。
 人通りがなくなった隙を見てエリーゼを通りに入れて撮影開始。でも通りの入口から竹林を撮影している人が何人かおられたので、撮影を速やかに済ませて、すぐに車を退けようと思ったんですが、「すみません、車撮らせてもらってもいいですか?」と言われました(笑)

17042214.jpg

 もちろん快諾し、にわかにエリーゼ撮影会に(笑)
 たしかに、こんな車と竹林のコラボは滅多にないことですもんね。良い題材を共有できてよかったです。

 その後、通りからエリーゼを出した後も、たくさんの観光客の方が写真を撮って行かれるなど大人気。その中にアジア系のご夫婦がおられたんですが、エリーゼの傍でご夫婦が並んだ写真を僕が撮ってあげて、とても喜んでおられて嬉しかったです。
 生まれてこの方、碌に英語を喋ったことがなく、「写真お撮りしましょうか?」と話しかけるのは勇気が要りましたが、2週間後くらいにちょうど仕事で外国人相手に人生初めてのビジネス英語プレゼンをすることになっていたこともあり、いい経験だと思って積極的になれました。大した会話内容ではありませんでしたが、プレゼンのために勉強していたことを総動員したこともあって、ちゃんと意思疎通できました!
 ご夫婦を撮影してあげた後、

 旦那さん「It's mine !(笑)」
 僕「Yes ! Yours ! Yours !(笑)」
 旦那さん「No ! No !(笑)」

 とジョークも交わせて、めっちゃ楽しかったです(笑)
 嫌で嫌でたまらなかった英語ですが、こうやってコミュニケーションができると俄然、学習意欲が湧きますね。その後の仕事での英語プレゼンもうまくいき、英語に対する意識がガラッと変わりました。

 エリーゼがもたらしてくれる新しい世界はドライビング体験だけに止まりません。
posted by こうじ at 11:05 | 写真

2017年03月05日

曇り空でエリーゼ撮影

17030501.jpg

 とある駐車場で何気なく撮ったエリーゼの写真がイイ感じでした。
 曇り空は車撮影に良いことは知識として知っていましたが、それを実感できました。晴天時と違い、全体が柔らかく照らされるので、全体がキレイに写ります。CGでは表現難易度が高いグローバルイルミネーションってヤツですね。

 さらに、今回撮影した場所がコンクリ壁の前だったこともあり、全体的に無彩色で、エリーゼのボディ色の赤が強調されています。図らずもパートカラー的な写真になりました。

17030502.jpg

 また、コンクリということで、PhotoshopでのRAW現像時に「明瞭度」を上げると、ドラマチックな感じになります。エリーゼレビューのナナガン写真でも使いましたが、この「明瞭度」はシーンによってはとても効果的なので気に入っています。

17030503.jpg

 最近ハマっているプロジェクション文字。
posted by こうじ at 21:06 | 写真

2016年10月08日

立体駐車場でエリーゼ撮影

16100801.jpg

 ホームセンターに買い物しに行ったんですが、立体駐車場の外に近い位置に何気なく車を停めたら、車がドラマチックな表情をしていることに気付き撮影。

16100802.jpg16100803.jpg

 カメラ本体は4年前から愛用しているNEX-5N
 レンズは昨年から愛用しているSEL24F18Z。カールツァイスの大口径単焦点レンズです。
 これに円偏光フィルターVF-49CPAMを付けて反射を調整しながら撮影しています。

16100804.jpg

 こんなふうに撮ると、ただの立体駐車場ですが・・・

16100805.jpg

 露光を長めにすると背景が白飛びして・・・

16100806.jpg

 RAW現像時の調整でさらに白く飛ばして遠景がほぼ消え・・・

16100807.jpg

 残った柵を白く塗り潰して消すことで地面が遠方までずっと続いているかのように見え、開放感が高まります。
 フォトショ様様です。

16100808.jpg

 車名を入れてカタログ風にしたり

16100809.png

 スマホの壁紙にしたりしました。
 今までなかなか壁紙にピッタリなエリーゼの写真が撮れず、ずっとデフォルトの壁紙のままだったんですが、やっと撮れました。
 それにしてもエリーゼの美しい曲面はいつ見ても素晴らしい・・・。スマホ画面見る度にウットリしてます(笑)
posted by こうじ at 20:08 | 写真

2015年05月22日

レッドブル・エアレース観戦

15052101.jpg

 空のF1と言われるレッドブル・エアレースが日本で初開催されました。
 レシプロ機の高機動を真近で観たくて観戦してきました。

15052102.jpg

 Aエリアの中央右寄り(喫煙所マークのあたり)で観戦しました。広大な砂浜を埋め尽くすほどの物凄い観客数に驚愕!エアレース史上最多の入場者数だったそうです。

 先月、桐生の走りを撮影するのに使用したレンズ「70-400mm F4-5.6 G SSM II」の望遠側が活躍するシチュエーションですが、手ブレ補正がない上に、特徴のない空を背景に時速300km/h以上で動くものを捉え続けるわけで、大変でした(汗)一度フレームアウトしてしまうと、再度捉えるのに時間がかかってしまうのでシャッターチャンスを逃してしまうことになります。

 以下、撮影した写真を無加工で掲載します。すべて、焦点距離は400mm、F値は5.6です。
 撮影時、色を鮮やかにするために、NEX-5Nのピクチャーエフェクト「ポップカラー」を適用しています。

15052103.jpg15052104.jpg
 ISO100 1/1000s            ISO200 1/1000s

 機体を大きく写せました。
 400mm買って良かった!

15052105.jpg15052106.jpg
 ISO100 1/1250s            ISO100 1/1250s

 我らが日本の室屋義秀選手です!

15052107.jpg

 なんとコースレコードを叩きだしました!素晴らしい!
 ガッツポーズで喜びを表現する室屋選手。
 速いといえば、我らが地元滋賀県出身の桐生祥秀選手!どちらの「よしひで」も速い!

15052108.jpg15052109.jpg
 ISO100 1/1600s            ISO100 1/1600s

15052110.jpg
 ISO100 1/1250s

 ウィングレットが特徴的なマット・ホール選手の機体。

15052111.jpg15052112.jpg
 ISO200 1/1600s            ISO200 1/1600s

15052113.jpg15052114.jpg
 ISO200 1/1600s            ISO200 1/1600s

 どの機体も美しいです。

15052115.jpg15052116.jpg
 ISO400 1/2500s            ISO400 1/2500s

15052117.jpg
 ISO400 1/4000s

 シャッター速度を上げ、よりシャープに。リベットまでクッキリ写るようになりました。
 ただしISO感度も上げるのでノイズは増えます。





 こちらは動画です。
 1.5kgのレンズを手持ちで精密に動かし続けるので、腕の乳酸溜まりまくりです(汗)
 そしてブレまくる(汗)手ブレ補正があっても厳しいんじゃなかろうか・・・?

 しかし、三次元的で滑らかな機動を真近で観れて感動!
 70年ほど前、こんな感じで空中戦が繰り広げられていたのかと思うと胸が熱くなりました。

15052118.jpg
 ISO100 1/1250s

 飛行機ではありませんが、キレイに撮れたと思う写真。

15052119.jpg

 イベントステージの近くを通ったときに聞こえてきた演奏のあまりの素晴らしさに思わず足を止めてしまいました。「竜馬四重奏」というユニットで、日本の伝統楽器とバイオリンで現代的な曲を奏でます。和と洋の素晴らしい融合です。THE BLACK MAGESの、オーケストラとロックの融合も最高でしたね。
 古来より外来文化の融合を得意としてきた日本人のセンスを改めて誇りに思えました。
 ステージの横でアルバムCDが販売されてたので衝動買いしました。
posted by こうじ at 20:02 | 写真

2015年04月22日

Sony版白レンズで織田記念の100mを撮影

 先日、陸上の織田記念大会が行われたました。開催前、この大会で桐生祥秀によって100m公認9秒台の快挙が達成される可能性が高いと見られており、テレビでも頻繁に報道されていました。自分も一陸上ファンとして、そして同じ滋賀県出身者として、桐生による歴史的快挙達成の瞬間を間近で見たいと思い、競技場に赴くことにしました。

 もちろん、その瞬間を写真にも収めたいと思ったのですが、会場はとても混み合うことが予想され、遠方の席からの観戦という可能性もありましたので、高倍率ズームレンズを持っていくことにしました。既にキャノンのEF28-300mm F3.5-5.6L IS USM本ブログ記事)を所有していましたが、ミラーレス一眼NEX-5N本ブログ記事)の使い易さを気に入っており、電子先幕シャッター採用による高速連写性能が今回のようなスポーツ撮影に役立ちそうだということもあって、NEX-5Nで使える高倍率ズームレンズを新たに購入することにしました。

15042201.jpg

 購入したのは最大400mmまでズームできるソニー版白レンズ70-400mm F4-5.6 G SSM IIです。もはやカメラ本体がアクセサリー状態(笑)
 キャノンの白レンズと違って、レンズフードまで白です。かっこよくて気に入ってます。
 このレンズはAマウントなので、EマウントのNEX-5Nには直接取り付けることができません。そのため、アダプタを噛ませています。アダプタには、位相差AF機能付きのLA-EA4と、なしのLA-EA3とがあります。LA-EA4はトランスルーセントミラーテクノロジーを採用しているため、高速な位相差AF機能と引き換えに、位相差AFセンサ側に取られる光(約30%と言われています)の分、撮像素子側に到達する光量に損失が生じます。LA-EA3はそのような損失はないものの、AFが非常に遅くなる(店員さんのご助言)ので、LA-EA4のほうを購入しました。

 これで高倍率ズームレンズをNEX-5Nで使えるようになりましたが、この構成には手振れ補正ができないという欠点があります。これはNEXシリーズがEマウントレンズ側で手振れ補正機構を持たせる方針であった一方、Aマウントを採用するαシリーズは本体側に手振れ補正機構を持たせる方針であるため、手振れ補正機構がないもの同士の組み合わせとなってしまうからです。
 そこで、手振れ回避のために三脚を利用したいところですが、三脚が使えそうな観客席は限られてしまうということもあり、一脚を使うことにしました。

15042202.jpg

 購入したのはベルボンのウルトラスティックM43Q。回すだけでロック/アンロックできる手軽さと自由度の高い雲台が購入の決め手でした。
 これで手持ち撮影よりはだいぶ安定するようになりました。

15042203.jpg15042204.jpg

 大会が行われるエディオンスタジアム広島へやってきました。
 生憎の雨模様。気温も低めでしたし、前日に行われた200mでの桐生の調子を見ても9秒台は難しそうに思いました。しかし、優勝は期待できましたし、何より初めて生で桐生の走りを見れるのが楽しみでした。

15042205.jpg
 400mm ISO400 F5.6 1/500s

 100m予選、桐生選手登場!
 ゴール付近の席を取りましたが、400mm望遠のおかげでスタート地点もこれくらい大きく写せます。

15042206.jpg15042207.jpg
 135mm ISO400 F4.5 1/640s

 予選は危なげなく1位通過。
 タイムは10秒36。

15042208.jpg15042209.jpg
 135mm ISO1600 F4.5 1/500s

 決勝レース。
 スタート直前、完全な静寂に包まれた会場に震えました。この空気感は現場観戦でしか味わえない醍醐味ですね。
 結果はケンブリッジ飛鳥が桐生を抑えて優勝!桐生は塚原と同着2位でタイムは10秒40。桐生の実力からすると不本意な結果です。調整がうまくできなかったことに加え、筋トレの効果が、エディオンスタジアムの高反発トラックでは上へ跳ねるかたちで現れてしまい、前への推進が損なわれてしまうという皮肉な問題もあったようです。
 まだシーズンは始まったばかりですし、今後に期待です。
 なお、2レーンを走る小谷選手も国内100m決勝の常連ですが、彼も桐生と同じく滋賀県出身なんです。日本最高レベルのレースに2人も滋賀県出身者がいるなんて胸熱です。

 撮影に関しては、雨が降るくらい雲が厚くなって暗くなってきたので、感度を高くせざるを得ませんでした。そのため、予選時よりもノイジーになってしまっています。バイラテラルフィルターをかければ抑えられますが、ディティールが犠牲になるのが嫌なので、そのままにしています。
 今回の大きな教訓が、動体の望遠撮影にはコンティニュアスAFが必須であるということ。最初、シングルAFやMFの置きピンで撮影するつもりだったのですが、桐生が登場するまでのレースで練習してみたところ、想像以上に被写界深度が浅くピント合わせが非常にシビアで、ほとんどが(若干ではあるものの)ピンぼけになり、愕然としました。そこでコンティニュアスAFを試してみたところ、バシッとフォーカスが合うので感動!高速なAFが可能なLA-EA4のほうを購入しておいて正解でした。
 速度優先連続撮影モードを使うのは初めてでしたが、たしかに高速ではあるものの、1秒くらいで速度低下を起こしてしまいます・・・。そこはもうちょっとバッファ積んどこうよソニーさん(涙)
 とはいえ、ボディのホールド感や触り心地、デザインはとても気に入っています。店頭で最近の機種をいくつか触ってみましたが、そのあたりはNEX-5Nのほうが良いと感じています。もちろん機能面では劣ってしまうので、いつの日か買い替えることになるとは思いますが、できるだけ長く使いたいです。
posted by こうじ at 23:54 | 写真

2014年11月13日

FlashAir

14111301.jpg14111302.jpg

 カメラで撮影した写真をPCに移すとき、ケーブルを接続するのが煩わしいので、WiFi内蔵のSDカード「FlashAir」を購入しました。
 最初、EyeFiしか知らなかったので、それを買うつもりでお店に行ったんですが、EyeFiの隣にFlashAirが陳列してあり、調べてみると、EyeFiは撮影した写真を全部転送するのに対し、FlashAirは選択して転送できるということで、自分好みの仕様であるFlashAirの方を購入しました。

14111303.png

 カメラの電源を入れると、WiFiネットワークに接続されます。

 ここまでは問題なかったんですが、PCのブラウザで操作できる標準のビューアでは複数の写真をまとめてコピーできないというふざけた仕様(汗)
 幸いなことに、Snowyという使い易いフリーソフトがありました。ありがたや〜。

14111304.png

 「チェック」をクリックするとカメラから写真のサムネイルを取得します。

14111305.png

 転送したい写真を選択して「コピー」をクリックするか、全部コピーする場合は「チェック&コピー」をクリックでOKです。
posted by こうじ at 00:03 | 写真

2013年06月06日

九州旅行

 九州へ旅行に行ってきました。
 今回もミラーレス一眼NEX-5Nが活躍してくれました。

13060601.jpg

 宮崎県の洗濯岩をスイングパノラマで撮影。
 ここだけこんな岩ができるなんて不思議ですね。

13060602.jpg

 帰りの飛行機の搭乗を待っていると、先日運行を再開したばかりの787の姿が。

13060603.jpg

 自分が乗ったのはお隣の737。

13060604.jpg

 眩いばかりの雲の海原。

13060605.jpg

13060606.jpg

13060607.jpg

 幻想的な景色に見とれて1時間ほどのフライトがあっという間に感じました。
posted by こうじ at 23:21 | 写真

2012年11月28日

京都観光

 またもや京都観光です。
 今回は遠方に住む親戚の要望で案内することになりました。


■ 二条城

12112801.jpg

 高校生のときに来て以来、約14年振りです。あまり覚えていないので初めてみたいなもんです。
 大政奉還が発表された歴史的な部屋が印象的でした。廊下に面した障子で拡散された外光が部屋に柔らかな陰影を作り出し、厳かな雰囲気を齎していました。このライティングを考えた昔のアーキテクトは偉大です。
 こんな部屋で、最近ハマっているマクドナルドのジューシーチキンフィレオを食べてみたいなぁ、とかしょーもないことを考えながら見物してました。

12112802.jpg12112803.jpg

 城の周辺には色鮮やかな黄葉がありました。

12112804.jpg

 落葉まで芸術的。

12112805.jpg

 こちらは紅葉。
 ミラーレス一眼NEX-5Nのポップカラーで撮影することで、より鮮やかになりました。


■ 京都タワー

12112806.jpg12112807.jpg

 初めて昇りました。

12112808.jpg12112809.jpg

 絶景です。

12112810.jpg

 ライトアップされた京都タワー。
 暗いにも関わらずこれだけ優れたS/Nの写真が得られるのも、NEX-5Nが搭載するAPS-Cサイズ撮像素子の賜。


■ 京都駅ビル

12112811.jpg

 こちらも暗い環境ながら高S/Nな写真が撮れました。
 NEX-5Nの良さを改めて認識した今回の観光でした。
posted by こうじ at 23:10 | 写真

2012年11月19日

京都観光

 9月に続き、再び大学時代の後輩と京都観光に行ってきました。
 今回も案内してくれた後輩に感謝です。


■ 豊国廟

12111901.jpg

 秀吉のお墓があるところです。

12111902.jpg

 500段近い階段を上らないといけません(汗)

12111903.jpg

 上り切った!と思ったらまだありました(汗)

12111904.jpg

 ひぇ〜。

12111905.jpg

 やっとの思いで頂上へ。
 立派なお墓です。


■ 総本山智積院

12111906.jpg12111907.jpg

 広々としたキレイな庭園が印象的でした。


■ 京都国立博物館

12111908.jpg

 歴代天皇直筆の書き物が展示されていました。
 当然の如く字ばかりの展示でしたが、昔、書道をやっていたこともあって楽しめました。やはり楷書よりも行書や草書などの躍動感ある文字がイイなぁと思いました。


■ 三十三間堂

12111909.jpg

 この長〜い建物の中に1000体を超える像がズラリと並んでいます。
 度胆を抜かれました。


■ 京都競馬場

12111910.jpg

 生まれて初めて競馬場を訪れました。

12111911.jpg

 広い!

12111912.jpg

 生で見る馬の疾走は迫力満点です。
 筋肉がすごい。
posted by こうじ at 00:40 | 写真

2012年09月09日

京都観光

 大学時代の後輩が京都の名所に詳しく、いっしょに観光に行くことになりました。


■ 大山崎山荘美術館

12090601.jpg12090602.jpg

 クロード・モネという有名な画家の絵がありました。代表作の一つ「睡蓮」を見ましたが、何とも思いませんでした(汗)でも、お土産コーナーで見た「散歩、日傘をさす女性」(のコピー)は陰影がリアルで印象的でした。
 それ以外では、安藤忠雄氏が設計した打放しコンクリート建築物が醸し出す独特の空間がよかったです。


■ 大徳寺

12090603.jpg

 たくさんの建物から構成されているお寺です。

12090605.jpg

 写真では伝えきれませんが、奥行き感が面白いです。3Dテレビのデモにお誂え向きです。

12090606.jpg

 超ド級の松の木。なぜか戸愚呂(弟)を思い出しました。

12090607.jpg

 一面に生い茂る苔に落ちる木漏れ日が素敵です。

12090608.jpg

 日本独特のセンスが生み出した幻想的な空間。

 この他、高桐院という建物の庭園も心洗われる美しいものでした。


■ 京都文化博物館

12090609.jpg

 ヴェネツィア展がやってました。ヴェネツィアは川だらけのユニークな都市です。こんなところを歩き回ってみたいなぁ・・・そうだ、アサシンクリードをやろう!というわけで購入を検討しています。


■ その他

12090610.jpg

 夏の鴨川もイイですね。

12090611.jpg

 いつか高床で食事してみたいです。
posted by こうじ at 21:58 | 写真