2016年10月22日

奇蹟がくれた数式

http://kiseki-sushiki.jp/



 若くしてこの世を去った異色の天才数学者ラマヌジャンの人生を描いた作品です。
 ラマヌジャンのことは知っていたので映画化されると知り、公開を楽しみにしていました。

 ラマヌジャンのことは何年か前に職場の後輩から教えてもらって知りました。
 その後輩は学生時代に、多角形の角数を増やしていきながら円の式に近付けていくことを試みた際、ネットでラマヌジャンの円周率の公式を知り、わずか数回でほぼ真円に収束する様に驚き、発見者のラマヌジャンに興味を持つようになったとのことでした。
 その円周率の公式が以下の式なんですが・・・

16102201.svg
16102202.svg
 (Wikipediaより)

 最初にこれを見たときは、実に奇妙に思えました。何か適当そうな定数値が入った式で、数学的に厳密な根拠があってのものなのだろうかと。
 もちろん、ちゃんと証明されているから世に出ているわけですが、さらに驚くべきことは、その証明をしたのはラマヌジャン本人ではないということです!ラマヌジャンはこのような数式を直感や閃きで、証明の過程もなく発見したというのです。信仰深い本人曰く「神が教えてくれた」と。これを天才と言わずして何と言おうか。

 この式の発見だけでも眩暈がしそうですが、ラマヌジャンは生涯で4000もの定理や数式をまとめており、その無限とも言える創造力に驚嘆せざるを得ません。中にはブラックホール等、近年の物理学の研究に活かされるほど重要なものもあります。
 このような人物が、インドの貧しい環境からあらわれたことも興味深いです。

 そんな偉大な功績を残したラマヌジャンですが、その過程は順風満帆というわけではなく、奥さんを残して渡英し、長い間会えなかったり、当時イギリスがインドを植民地支配していたこともあって差別的な対応を受けたり、深い信仰心から菜食主義であった上、戦争による食料不足も重なって病に侵されてしまうなど、辛く険しいものでした。
 そんなラマヌジャンをイギリスで支えたのが、これまた有名な数学者G.H.ハーディ教授です。数々の功績を残した人物ですが、ラマヌジャンの驚異的な創造力に敬意を抱いており、証明の協力をするなどしてラマヌジャンの功績を然るべき形で世に送り出しました。

 映画では上記の内容がドラマチックに描かれていたのですが、インドの寺院の神秘的な光景やケンブリッジ大学内にある、アイザック・ニュートンはじめ数々の偉人の石像が設けられた荘厳な部屋などが、ラマヌジャンの創造性や数学の神秘さとマッチしていて、迫力のCG映像とかとはまた違った、画としても見応えのある作品でした。

 そうそう、ラマヌジャンを知っている人なら誰でも知っているであろう、タクシー数のエピソードもちゃんとありました。あるんじゃないかなぁと期待していたら、やっぱりあってニヤリとしました(笑)

 それにしても上記の円周率の公式、以前リーマン予想の記事で挙げたオイラーの公式を美しいと感じたのに対して複雑怪奇に感じたものですが、当のラマヌジャンはこういった式を「絵画のようだ」と形容しており、それに美を見出していたことが分かります。
 ラマヌジャンには一体どんな世界が見えていたのでしょうか。
posted by こうじ at 17:07 | 数学・物理

2016年10月08日

立体駐車場でエリーゼ撮影

16100801.jpg

 ホームセンターに買い物しに行ったんですが、立体駐車場の外に近い位置に何気なく車を停めたら、車がドラマチックな表情をしていることに気付き撮影。

16100802.jpg16100803.jpg

 カメラ本体は4年前から愛用しているNEX-5N
 レンズは昨年から愛用しているSEL24F18Z。カールツァイスの大口径単焦点レンズです。
 これに円偏光フィルターVF-49CPAMを付けて反射を調整しながら撮影しています。

16100804.jpg

 こんなふうに撮ると、ただの立体駐車場ですが・・・

16100805.jpg

 露光を長めにすると背景が白飛びして・・・

16100806.jpg

 RAW現像時の調整でさらに白く飛ばして遠景がほぼ消え・・・

16100807.jpg

 残った柵を白く塗り潰して消すことで地面が遠方までずっと続いているかのように見え、開放感が高まります。
 フォトショ様様です。

16100808.jpg

 車名を入れてカタログ風にしたり

16100809.png

 スマホの壁紙にしたりしました。
 今までなかなか壁紙にピッタリなエリーゼの写真が撮れず、ずっとデフォルトの壁紙のままだったんですが、やっと撮れました。
 それにしてもエリーゼの美しい曲面はいつ見ても素晴らしい・・・。スマホ画面見る度にウットリしてます(笑)
posted by こうじ at 20:08 | 写真

2016年09月25日

ハドソン川の奇跡



 ベトナム戦争でF-4ファントムのパイロットだったベテラン機長が優れた判断と操縦技術で旅客機の乗員・乗客全員を救った「ハドソン川の奇跡」を映画化した作品です。
 当時、ニュースを見て感動したものです。

 事故後、事故調査を行った国家運輸安全委員会から、空港へ引き返すことができたと責めらるシーンが描かれていますが、そんなことがあったとは知らずに驚きました。酷いことするなぁと思いましたが、作品を面白くするために多少誇張してあるみたいですね。
 もちろん、最後は機長が正しかったことが証明されますが、見応えがありました。

 事故の過程を再現した映像は、IMAX仕様ということもあって凄い臨場感でした。第三者視点の映像も、非現実感が凄かったです。現実に起こったことなんだよな、これ・・・(汗)
 そんな中、冷静に状況を認識し、適格な判断、行動を取った機長、副機長、乗務員は素晴らしいの一言。
 人間って凄い。終始、胸が詰まりました。

 機長が若い頃に、故障したF-4ファントムを着陸させるシーンがあるのですが、これも迫力があって良かったです。このクオリティの空戦ものを鑑賞してみたいものです。

 機長を演じたトム・ハンクスは、「アポロ13」で宇宙船の船長を、「キャプテン・フィリップス」で船の船長を演じています。乗り物の長役はコンプリートでしょうか(笑)
posted by こうじ at 18:04 | 映像作品

2016年09月18日

エリーゼ雨漏り

 自宅、実家ともに屋根ありの駐車場で、強い雨の中をドライブすることもこれまでなかったのですが、今回どうしても屋根なしの駐車場にとめて一泊せねばならず、運悪く強い雨にさらされることとなりました。

16091801.jpg

 宿泊を終えて車に戻ると、助手席側に雨漏りを確認。

16091802.jpg

 どこから漏れたのかははっきりしませんが、フロントピラーとサイドウィンドウの間っぽいです。

16091803.jpg

 この程度であればタオルで軽く拭けば済むので問題なしです。
 シートにまで及んでいたらイヤでしたが。

 ちなみにルーフの固定部分に英語で「このルーフは強い雨等の厳しい天候に耐えられるものではないからね」的な注意書きがあるので仕様の範疇です。

 以前のフェイズの雨漏りはもっと酷かったみたいなので、フェイズIIIでは改善されていますね。
posted by こうじ at 20:49 |

2016年09月09日

PS4 Pro 発表

4K/HDR対応で1TB HDDの「PS4 Pro」が11月10日発売。
44,980円。薄い新型PS4も
http://av.watch.impress.co.jp/docs/news/1018940.html

 性能強化版PS4の正式発表来ました!
 11月10日発売なので、11月29日発売のFF15に間に合いますね。
 購入決定です。

 しかし・・・なんとUHD BDには非対応・・・ orz
 ドライブが対応していないのでソフトウェアアップデートで対応の可能性もないです。

西川善司の3DGE:PS4 Pro,そして新型PS4はいかなるゲームマシンなのか。
現地取材で分かった新型機の深い話
http://www.4gamer.net/games/990/G999024/20160908148/

 このゼンジーさんの記事にUHD BD非対応について詳しく書かれています。
 メイン市場である北米ではディスクメディアで観ないらしくコストアップに見合わないと判断されたそうです。
 まぁ、ネット配信で粗の見えない高精細な映像を楽しめるなら構わないのですが、どうなんだろう?
 せっかくの大画面4Kディスプレイなので最大限活かしたいものです。
posted by こうじ at 23:02 | ゲーム

2016年09月07日

フットライト取り付け

 エリーゼのレビューにて、地元の親友の軽トラで運転の練習をさせてもらったことについて書きましたが、その軽トラにはフットライトが彼の手で取り付けられており、凄くカッコよくて、いつか自分のエリーゼにも取り付けたいなぁ、と思っていました。
 最近、夜のドライブで足下の雰囲気が物足りず、フットライトを付けたい気持ちが強くなってきたので、いよいよ決行することにしました。

 最初は、お世話になっているオートプレステージさんに完成品を取り付けてもらおうかと考えたのですが、LEDの取り付け位置や個数に試行錯誤が必要になるかもしれず、できたら自分で付けたいと思い、調べてみたら自分でも何とかできそうだったので、やってみることにしました。

16090701.jpg

 オートバックスでエーモンのDIYパーツを購入。
 結局使わなかったものもありましたが、使ったものは以下の通り。

【A49】検電テスター
【1452】電工ペンチ
【2836】フリータイプヒューズ電源(平型)
【M274】クワ型端子セット (調光ユニットのアース線に取り付け)
【1850】調光ユニット
【1168】圧着接続端子 (調光ユニットとLEDの接続に使用)
【1827】3連フラットLED(白) × 2
【1829】LEDレンズカバー(3連フラットLED用) × 2

16090702.jpg

 こんな感じに組み上げました。

16090703.jpg

 電源はダッシュボード下にあるヒューズホルダーからACC電源を取り出します。
 どのヒューズから取り出すかですが、購入したヒューズ電源の対応ヒューズが5〜20Aということで、5Aと20Aはギリギリで抵抗があるので、残りの中でより小さな電流値の7.5Aから取り出すことにしました。(オーディオのヘッドユニットに繋がってました)

16090704.jpg

 こんな感じに取り付けました。
 無事光ってホッとしました。

16090705.jpg

 フットライトがないとき・・・(551の肉まん風)

16090706.jpg

 フットライトがあるとき〜♪(551の肉まん風)

16090707.jpg

 調光もできます。

16090708.jpg

 シートに座ったとき、足下はこんな感じで照らされます。

 配光バッチリ!
 理想通りの雰囲気にできました。

16090709.jpg

 これからのナイトクルージングが楽しみです♪
posted by こうじ at 23:57 |

2016年09月01日

FF15 発売日延期

「ファイナルファンタジーXV」発売日変更のお知らせ
http://www.jp.square-enix.com/company/ja/news/2016/html/bfde329b5104293dc0f71e5d7200d0b1.html

 延期されたことに今日気付きました。
 普通はガッカリするところですが、今回は正直ホッとしてます。

 なぜなら、近いうちに性能強化版PS4(通称NEO)が発売されるとみられているからです。
 NEOによる、より良い映像で楽しみたいですが、FF15の発売から間が開き過ぎるようなら待ちきれませんから、通常版で遊ばざるを得ないな、と思っていました。

 NEOが発売されてから改めてFF15を遊ぶということもできなくはないのですが、ゲーム以外にもやることが多くて時間を割き辛いですし、いくら映像が良くなると言っても初見よりかは感動は薄れてしまいます。

 また、近いうちにUHD BD再生環境を構築したいと考えているのですが、NEOはUHD BDにも対応すると噂されており、もしその通りであれば、別途UHD BDプレーヤーを買わずに済みますし、少しでも機器を減らしてシンプルなインテリアにしたいという趣向にも適います。FF15以降に発売するゲームも楽しむことになるでしょうし、いずれにしてもNEOは購入します。
 しかし、どうせなら最初からNEOでFF15を楽しみたいです。今回の延期で、その可能性が高まりましたし、延期する以上、作品のクオリティは上がる方向でしょうから良かったです。

 NEOの正式発表が待たれます。
posted by こうじ at 23:50 | ゲーム

2016年08月30日

シン・ゴジラ

http://www.shin-godzilla.jp/index.html



 予告映像を見ていたのですが、どういうテイストの作品なのか分からなかったので、ずっと観ずにいたのですが、ドライブがてら気軽に鑑賞してみたら、あまりの面白さに唖然としました。
 僕の中では邦画史上最高傑作です。

 ゴジラという未知の巨大生物が突如出現したとき、この国がどのように対処するのかをリアルに描いています。以前の記事で「緊迫の会議シーンが好きだ」と書きましたが、本作の会議での掛け合いはとても見応えがあり、たまりませんでした。
 様々な立場の人たちが、国民の被害を最小限に抑えるために各々の最善を尽くす様には涙が出ました。日本凄ぇよ、マジで。誇りに思いました。

 自衛隊や米軍による攻撃シーンも見応えがありました。
 F2からのレーザー誘導爆撃やB2からのバンカーバスター投下、アパッチからのヘルファイアぶち込みとか、たまりませんね。

 そしてゴジラ。上陸したてのときの第2形態のキモかわいさがたまりません(笑)
 成長した後、とてつもないことをしでかしますが、エヴァでお馴染みの鷲巣さんの曲と相まって、禍々しさと絶望感がハンパなかったです。過去にハリウッドのゴジラを2作見ていますが、これほどまでに怖いと思ったゴジラは初めてです。
 ゴジラの生態についても、とても興味深いもので、あれこれと想像を掻き立てられるものになっています。

 僕は異星人侵略もの(ID4、バトルシップ等)やディザスターもの(アルマゲドン、ザ・コア等)が好きですが、結局のところこれらは、現代の人類が未知の脅威にどのように対処していくか、人類が本気を出せばどこまでやれるのか、を描いた作品で、本作もまさにそういう作品でした。
 アポロ計画なんかも、まさに人類の本気を見せてくれたわけで、やはりそういうものに惹かれるんでしょうね。

 くそー、こんなに面白いんだったらIMAXで上映しているうちに観にいきゃ良かった・・・と思ってたら、IMAX上映が再開されてました!
 週末に観に行こうと思います。
posted by こうじ at 00:39 | 映像作品

2016年08月20日

リオ五輪 男子4×100mリレーで銀メダル!

16082001.jpg

 歴史的快挙です!
 男子4×100mリレーでジャマイカの次にゴールして銀メダル!
 アメリカ、カナダ、中国等の強豪国を抑えてのメダルです!

16082002.jpg

 1走は山縣。世界トップレベルのリアクションタイムを安定的に出すスタートのスペシャリスト。
 このレースのリアクションタイムは3位!

16082003.jpg

 2走は200m日本歴代2位の記録を持つ飯塚。
 少しバトンパスでモタつきましたが、解説の伊東さんも絶賛のリカバーで失速を回避。

16082004.jpg

 3走は100m日本歴代2位の10.01を誇る桐生。
 黄色人種最速の9.99の記録を持つ蘇炳添に競り勝ちました!
 200mも得意とする桐生のコーナーワークが光りました。

16082005.jpg

 アンカーのケンブリッジ飛鳥にバトンが渡った時点でアメリカより前でジャマイカのボルトと並びました!
 もうこの時点で歴史的快挙(笑)

16082006.jpg

 ケンブリッジの後ろからは、怪我の影響で本調子ではないとはいえ9.84の自己ベストを持つアメリカのブロメル、さらに後ろからは本大会100mで銅メダル、200mで銀メダルと絶好調のカナダのドグラスが猛追。
 しかし、6月の日本選手権で明らかになった、ケンブリッジの失速の少ない走りによってかわしきって銀メダル獲得!!
 ゴールした瞬間思わず吠えました!
 最後の100mは、2012年のF1日本GPで小林可夢偉が3位表彰台を獲得したレースの終盤、バトンの猛追を受けているときと同じように手に力が入りまくりました。

16082007.jpg

 タイムは37.60のアジア新記録!
 国別歴代ではジャマイカ、アメリカに次ぐ3位という、とてつもない記録です!
 先日の予選では、1組目の中国が自国の持つアジア記録を更新した直後の2組目で日本がさらに更新!
 まだまだ余力がありそうだったので決勝も期待していましたが、期待通りでした!
 昨年の世界陸上の記事で、「中国の銀メダルとアジア記録を追いかける番だ」と書きましたが、メダルで追いつき、記録で上回りました!凄い!
 凄すぎて涙出ました・・・。

16082008.jpg

 ボルトも健闘を称えてくれました。
 高校生だった桐生との対談、覚えてくれてるかなぁ?

16082009.jpg

 ジャマイカのパウエル、アシュミード、ブレイク、ボルトという錚々たる顔ぶれと並んで記念撮影。
 夢ですか、これは?

 なお、アメリカは1走から2走へのバトンパスがバトンゾーン内で行われなかったことで失格となってしまいましたが、この失格が日本の順位に影響がないというのがまた凄い!

 この日本の銀メダルは日本だけでなく、世界に衝撃を与えています。
 なぜなら、「100m、200mのファイナリストなし」、「自己ベスト9秒台なし」でありながら、アメリカ、カナダ、中国等の強豪国に勝ったからです。
 これは日本のバトンパス技術が非常に優れていることと、上述の通り各人の強みが最大限発揮される走順配置によるものです。また、9秒台なしとはいえ、飯塚以外の3人は条件次第でいつでも9秒台を出せると目される走力を持っていることも大きいでしょう。

 各メンバーは個人種目でのファイナリスト達成はなりませんでしたが(それでも山縣の自己ベスト&自身の持つ五輪の日本記録更新の10.05は圧巻でしたが)、リレーで素晴らしい偉業を成し遂げてくれました。
 胸を張って帰ってきてほしいです。

16082010.jpg

 特に桐生、君は滋賀の誇りや!お疲れ様!
posted by こうじ at 19:51 | スポーツ

2016年08月18日

信号待ちでエリーゼ好きの方に遭遇

 ヨドバシ梅田に買い物しに大阪市内をエリーゼで走っていたんですが、信号待ちをしているときに自転車のおじさんに声をかけられました。

 「かっこええな〜!これめっちゃ好きやねん。トヨタエンジン?」

 エンジンの種類を問うところから、ほんとにエリーゼを知ってて好きな方なんだと分かりました。

 「ありがとうございます!トヨタエンジンですよ!」

 と答えると「ええな〜!」と言って颯爽と去って行かれました。
 大阪の方はフレンドリーで素敵ですね(^^)

 こういう思わぬ出会いもエリーゼの楽しみの一つです。
posted by こうじ at 19:42 |