2016年09月01日

FF15 発売日延期

「ファイナルファンタジーXV」発売日変更のお知らせ
http://www.jp.square-enix.com/company/ja/news/2016/html/bfde329b5104293dc0f71e5d7200d0b1.html

 延期されたことに今日気付きました。
 普通はガッカリするところですが、今回は正直ホッとしてます。

 なぜなら、近いうちに性能強化版PS4(通称NEO)が発売されるとみられているからです。
 NEOによる、より良い映像で楽しみたいですが、FF15の発売から間が開き過ぎるようなら待ちきれませんから、通常版で遊ばざるを得ないな、と思っていました。

 NEOが発売されてから改めてFF15を遊ぶということもできなくはないのですが、ゲーム以外にもやることが多くて時間を割き辛いですし、いくら映像が良くなると言っても初見よりかは感動は薄れてしまいます。

 また、近いうちにUHD BD再生環境を構築したいと考えているのですが、NEOはUHD BDにも対応すると噂されており、もしその通りであれば、別途UHD BDプレーヤーを買わずに済みますし、少しでも機器を減らしてシンプルなインテリアにしたいという趣向にも適います。FF15以降に発売するゲームも楽しむことになるでしょうし、いずれにしてもNEOは購入します。
 しかし、どうせなら最初からNEOでFF15を楽しみたいです。今回の延期で、その可能性が高まりましたし、延期する以上、作品のクオリティは上がる方向でしょうから良かったです。

 NEOの正式発表が待たれます。
posted by こうじ at 23:50 | ゲーム

2016年08月30日

シン・ゴジラ

http://www.shin-godzilla.jp/index.html



 予告映像を見ていたのですが、どういうテイストの作品なのか分からなかったので、ずっと観ずにいたのですが、ドライブがてら気軽に鑑賞してみたら、あまりの面白さに唖然としました。
 僕の中では邦画史上最高傑作です。

 ゴジラという未知の巨大生物が突如出現したとき、この国がどのように対処するのかをリアルに描いています。以前の記事で「緊迫の会議シーンが好きだ」と書きましたが、本作の会議での掛け合いはとても見応えがあり、たまりませんでした。
 様々な立場の人たちが、国民の被害を最小限に抑えるために各々の最善を尽くす様には涙が出ました。日本凄ぇよ、マジで。誇りに思いました。

 自衛隊や米軍による攻撃シーンも見応えがありました。
 F2からのレーザー誘導爆撃やB2からのバンカーバスター投下、アパッチからのヘルファイアぶち込みとか、たまりませんね。

 そしてゴジラ。上陸したてのときの第2形態のキモかわいさがたまりません(笑)
 成長した後、とてつもないことをしでかしますが、エヴァでお馴染みの鷲巣さんの曲と相まって、禍々しさと絶望感がハンパなかったです。過去にハリウッドのゴジラを2作見ていますが、これほどまでに怖いと思ったゴジラは初めてです。
 ゴジラの生態についても、とても興味深いもので、あれこれと想像を掻き立てられるものになっています。

 僕は異星人侵略もの(ID4、バトルシップ等)やディザスターもの(アルマゲドン、ザ・コア等)が好きですが、結局のところこれらは、現代の人類が未知の脅威にどのように対処していくか、人類が本気を出せばどこまでやれるのか、を描いた作品で、本作もまさにそういう作品でした。
 アポロ計画なんかも、まさに人類の本気を見せてくれたわけで、やはりそういうものに惹かれるんでしょうね。

 くそー、こんなに面白いんだったらIMAXで上映しているうちに観にいきゃ良かった・・・と思ってたら、IMAX上映が再開されてました!
 週末に観に行こうと思います。
posted by こうじ at 00:39 | 映像作品

2016年08月20日

リオ五輪 男子4×100mリレーで銀メダル!

16082001.jpg

 歴史的快挙です!
 男子4×100mリレーでジャマイカの次にゴールして銀メダル!
 アメリカ、カナダ、中国等の強豪国を抑えてのメダルです!

16082002.jpg

 1走は山縣。世界トップレベルのリアクションタイムを安定的に出すスタートのスペシャリスト。
 このレースのリアクションタイムは3位!

16082003.jpg

 2走は200m日本歴代2位の記録を持つ飯塚。
 少しバトンパスでモタつきましたが、解説の伊東さんも絶賛のリカバーで失速を回避。

16082004.jpg

 3走は100m日本歴代2位の10.01を誇る桐生。
 黄色人種最速の9.99の記録を持つ蘇炳添に競り勝ちました!
 200mも得意とする桐生のコーナーワークが光りました。

16082005.jpg

 アンカーのケンブリッジ飛鳥にバトンが渡った時点でアメリカより前でジャマイカのボルトと並びました!
 もうこの時点で歴史的快挙(笑)

16082006.jpg

 ケンブリッジの後ろからは、怪我の影響で本調子ではないとはいえ9.84の自己ベストを持つアメリカのブロメル、さらに後ろからは本大会100mで銅メダル、200mで銀メダルと絶好調のカナダのドグラスが猛追。
 しかし、6月の日本選手権で明らかになった、ケンブリッジの失速の少ない走りによってかわしきって銀メダル獲得!!
 ゴールした瞬間思わず吠えました!
 最後の100mは、2012年のF1日本GPで小林可夢偉が3位表彰台を獲得したレースの終盤、バトンの猛追を受けているときと同じように手に力が入りまくりました。

16082007.jpg

 タイムは37.60のアジア新記録!
 国別歴代ではジャマイカ、アメリカに次ぐ3位という、とてつもない記録です!
 先日の予選では、1組目の中国が自国の持つアジア記録を更新した直後の2組目で日本がさらに更新!
 まだまだ余力がありそうだったので決勝も期待していましたが、期待通りでした!
 昨年の世界陸上の記事で、「中国の銀メダルとアジア記録を追いかける番だ」と書きましたが、メダルで追いつき、記録で上回りました!凄い!
 凄すぎて涙出ました・・・。

16082008.jpg

 ボルトも健闘を称えてくれました。
 高校生だった桐生との対談、覚えてくれてるかなぁ?

16082009.jpg

 ジャマイカのパウエル、アシュミード、ブレイク、ボルトという錚々たる顔ぶれと並んで記念撮影。
 夢ですか、これは?

 なお、アメリカは1走から2走へのバトンパスがバトンゾーン内で行われなかったことで失格となってしまいましたが、この失格が日本の順位に影響がないというのがまた凄い!

 この日本の銀メダルは日本だけでなく、世界に衝撃を与えています。
 なぜなら、「100m、200mのファイナリストなし」、「自己ベスト9秒台なし」でありながら、アメリカ、カナダ、中国等の強豪国に勝ったからです。
 これは日本のバトンパス技術が非常に優れていることと、上述の通り各人の強みが最大限発揮される走順配置によるものです。また、9秒台なしとはいえ、飯塚以外の3人は条件次第でいつでも9秒台を出せると目される走力を持っていることも大きいでしょう。

 各メンバーは個人種目でのファイナリスト達成はなりませんでしたが(それでも山縣の自己ベスト&自身の持つ五輪の日本記録更新の10.05は圧巻でしたが)、リレーで素晴らしい偉業を成し遂げてくれました。
 胸を張って帰ってきてほしいです。

16082010.jpg

 特に桐生、君は滋賀の誇りや!お疲れ様!
posted by こうじ at 19:51 | スポーツ

2016年08月18日

信号待ちでエリーゼ好きの方に遭遇

 ヨドバシ梅田に買い物しに大阪市内をエリーゼで走っていたんですが、信号待ちをしているときに自転車のおじさんに声をかけられました。

 「かっこええな〜!これめっちゃ好きやねん。トヨタエンジン?」

 エンジンの種類を問うところから、ほんとにエリーゼを知ってて好きな方なんだと分かりました。

 「ありがとうございます!トヨタエンジンですよ!」

 と答えると「ええな〜!」と言って颯爽と去って行かれました。
 大阪の方はフレンドリーで素敵ですね(^^)

 こういう思わぬ出会いもエリーゼの楽しみの一つです。
posted by こうじ at 19:42 |

2016年08月17日

ステアリングリモコン電池交換

16081701.jpg

 ステアリングリモコンの電池が切れたので交換しました。

 通常は10分くらい操作しないとBT接続が切れるんですが、半月くらい前からすぐに切れるようになり、先日ついに接続すらできなくなりました。
 明らかに電池切れの挙動で、電池交換で復活しました。

 昨年の6月から使っているので、1年2ヶ月ほど持ったことになります。
 これくらい持つなら十分。
posted by こうじ at 17:22 |

2016年08月07日

砥峰高原

16080701.jpg

 兵庫県の神河町にある砥峰高原に行ってきました。

16080702.jpg

 去年、コペンを買ったときから行きたいと思ってたのですが、なかなか行けなくて、車が変わってしまいました(笑)

16080703.jpg

 ドラマの撮影で使われているそうです。

16080704.jpg

 ここから中に入って散策できます。

16080705.jpg

 上の写真の奥のほうに見える東屋からの景色。

16080706.jpg

 ゲームの中でしか見たことのないような幻想的な光景に感動しました。

 日本にこんな素晴らしいところがあるとは・・・。
 車のおかげで世界が広がったことを実感しました。
posted by こうじ at 18:04 |

2016年07月28日

PS3売却

16072801.jpg

 もうプレイしないので売りました。
 発売日に買ってから約10年間、本当に楽しませてもらいました。

 購入当時はまだ学生だったのでお金がなく、食費を削ってなんとか購入しました。
 食費削って痩せた5kg分がPS3(5kg)になって「質量保存の法則だ!」とかアホなこと言ってました(笑)

 映像への拘りが強い僕にとって、アナログSD解像度からデジタルHD解像度への進化というエポックメイキングな本機に対する期待はとても大きかったですし、本ブログの当時の記事もPS3一色でした。
 その期待通り、デジタルHDの明瞭な画面に魅了されました。その美しい画面でたくさんの素晴らしいゲームをプレイできて本当に楽しかったです。

 PS3、今までありがとう!
posted by こうじ at 21:00 | ゲーム

2016年07月20日

KINGSGLAIVE FINAL FANTASY XV

http://www.jp.square-enix.com/kingsglaive/



 FF15購入予定ですので、映画の方も観に行きました。
 FF7ACはアクション、音楽ともにとても良かったので今作も楽しみでした。

 冒頭の戦闘シーンは凄かったです。
 戦場の広大さやモンスターの巨大さに圧倒され、大魔法詠唱も演出やカメラワークが神掛かってて震えました。

 CGのクオリティも圧倒的。
 人物の顔は実在の人物のものを3Dスキャンしたものですし、V-Rayによるグローバルイルミネーションレンダリングはほぼ実写です。

 しかし、物語の中盤以降、話がよく分からず、最後のバトルもカメラワークが悪くて分かりづらく、カタルシスに欠けました。このあたりはFF7ACに劣ると感じました。
 ヒロインの声優さんの感情に乏しい演技も残念でした。ゲーム本編では違う声優さんのようですが、そちらは良いものであってほしいです。
 モデルや映像品質が素晴らしく、冒頭の戦闘シーンも良かっただけに惜しいです。先日のインデペンデンス・デイRと同じく、いかに演出が重要かが分かります。
posted by こうじ at 00:04 | 映像作品

2016年07月12日

インデペンデンス・デイ リサージェンス

http://www.foxmovies-jp.com/idr/



 前作のBD版の記事で書いた通り、自分にとって特別な作品だっただけに、今回の続編をとても楽しみにしていました。
 予告動画も良くて公開前からテンション上がりまくりでした。

 しかし・・・、残念ながら面白くなかったです・・・。

 話の展開にあまり抑揚がなく、前作で感じた絶望感、緊張感、そして多くの人たちが一致団結して戦いに挑む高揚感といったものが希薄でした。
 予告にもあるように、宇宙船の襲来や重力操作による都市の破壊映像は凄い迫力でしたし、その他の場面場面は良かったところが多かったのですが、それらの繋げ方や盛り上げ方がいまいちでした。勿体ないです。
 最後の戦いはスケールが小さく、緊張感にも欠けるものでガッカリでした。こうなると、いつもなら気にならないご都合主義的な部分にも白けてしまいます。
 音楽も前作ほど印象に残るものではありませんでした。

 いかに見せ方、盛り上げ方といった演出が重要であるかを改めて痛感する作品でした。

 ボロクソに書きましたが、20年前の懐かしの役者さんを見れたのは良かったです。
 前作ではイイとこなしだったオーキン博士が生きていて、活躍したのは嬉しかったですね。

 独立記念日の式典で20年前の英雄の一人としてグレイ将軍が紹介されたのも良かったですし、敬礼したくなりました。役者さん、お元気そうで何より・・・と思ったら、昨年末にお亡くなりになられていました。本作が遺作ということで縁の強さを感じます。
 前作で国防長官を演じていた方も2年ほど前に亡くなられていますね。この方はアポロ計画を描いたドラマ「フロム・ジ・アース 人類、月に立つ」での技術者役も印象的でした。
 両名のご冥福をお祈りします。
posted by こうじ at 23:55 | 映像作品

2016年07月07日

ゼロヨン対決



 爆笑しました(笑)
posted by こうじ at 23:53 |