2016年08月17日

ステアリングリモコン電池交換

16081701.jpg

 ステアリングリモコンの電池が切れたので交換しました。

 通常は10分くらい操作しないとBT接続が切れるんですが、半月くらい前からすぐに切れるようになり、先日ついに接続すらできなくなりました。
 明らかに電池切れの挙動で、電池交換で復活しました。

 昨年の6月から使っているので、1年2ヶ月ほど持ったことになります。
 これくらい持つなら十分。
posted by こうじ at 17:22 |

2016年08月07日

砥峰高原

16080701.jpg

 兵庫県の神河町にある砥峰高原に行ってきました。

16080702.jpg

 去年、コペンを買ったときから行きたいと思ってたのですが、なかなか行けなくて、車が変わってしまいました(笑)

16080703.jpg

 ドラマの撮影で使われているそうです。

16080704.jpg

 ここから中に入って散策できます。

16080705.jpg

 上の写真の奥のほうに見える東屋からの景色。

16080706.jpg

 ゲームの中でしか見たことのないような幻想的な光景に感動しました。

 日本にこんな素晴らしいところがあるとは・・・。
 車のおかげで世界が広がったことを実感しました。
posted by こうじ at 18:04 |

2016年07月28日

PS3売却

16072801.jpg

 もうプレイしないので売りました。
 発売日に買ってから約10年間、本当に楽しませてもらいました。

 購入当時はまだ学生だったのでお金がなく、食費を削ってなんとか購入しました。
 食費削って痩せた5kg分がPS3(5kg)になって「質量保存の法則だ!」とかアホなこと言ってました(笑)

 映像への拘りが強い僕にとって、アナログSD解像度からデジタルHD解像度への進化というエポックメイキングな本機に対する期待はとても大きかったですし、本ブログの当時の記事もPS3一色でした。
 その期待通り、デジタルHDの明瞭な画面に魅了されました。その美しい画面でたくさんの素晴らしいゲームをプレイできて本当に楽しかったです。

 PS3、今までありがとう!
posted by こうじ at 21:00 | ゲーム

2016年07月20日

KINGSGLAIVE FINAL FANTASY XV

http://www.jp.square-enix.com/kingsglaive/



 FF15購入予定ですので、映画の方も観に行きました。
 FF7ACはアクション、音楽ともにとても良かったので今作も楽しみでした。

 冒頭の戦闘シーンは凄かったです。
 戦場の広大さやモンスターの巨大さに圧倒され、大魔法詠唱も演出やカメラワークが神掛かってて震えました。

 CGのクオリティも圧倒的。
 人物の顔は実在の人物のものを3Dスキャンしたものですし、V-Rayによるグローバルイルミネーションレンダリングはほぼ実写です。

 しかし、物語の中盤以降、話がよく分からず、最後のバトルもカメラワークが悪くて分かりづらく、カタルシスに欠けました。このあたりはFF7ACに劣ると感じました。
 ヒロインの声優さんの感情に乏しい演技も残念でした。ゲーム本編では違う声優さんのようですが、そちらは良いものであってほしいです。
 モデルや映像品質が素晴らしく、冒頭の戦闘シーンも良かっただけに惜しいです。先日のインデペンデンス・デイRと同じく、いかに演出が重要かが分かります。
posted by こうじ at 00:04 | 映像作品

2016年07月12日

インデペンデンス・デイ リサージェンス

http://www.foxmovies-jp.com/idr/



 前作のBD版の記事で書いた通り、自分にとって特別な作品だっただけに、今回の続編をとても楽しみにしていました。
 予告動画も良くて公開前からテンション上がりまくりでした。

 しかし・・・、残念ながら面白くなかったです・・・。

 話の展開にあまり抑揚がなく、前作で感じた絶望感、緊張感、そして多くの人たちが一致団結して戦いに挑む高揚感といったものが希薄でした。
 予告にもあるように、宇宙船の襲来や重力操作による都市の破壊映像は凄い迫力でしたし、その他の場面場面は良かったところが多かったのですが、それらの繋げ方や盛り上げ方がいまいちでした。勿体ないです。
 最後の戦いはスケールが小さく、緊張感にも欠けるものでガッカリでした。こうなると、いつもなら気にならないご都合主義的な部分にも白けてしまいます。
 音楽も前作ほど印象に残るものではありませんでした。

 いかに見せ方、盛り上げ方といった演出が重要であるかを改めて痛感する作品でした。

 ボロクソに書きましたが、20年前の懐かしの役者さんを見れたのは良かったです。
 前作ではイイとこなしだったオーキン博士が生きていて、活躍したのは嬉しかったですね。

 独立記念日の式典で20年前の英雄の一人としてグレイ将軍が紹介されたのも良かったですし、敬礼したくなりました。役者さん、お元気そうで何より・・・と思ったら、昨年末にお亡くなりになられていました。本作が遺作ということで縁の強さを感じます。
 前作で国防長官を演じていた方も2年ほど前に亡くなられていますね。この方はアポロ計画を描いたドラマ「フロム・ジ・アース 人類、月に立つ」での技術者役も印象的でした。
 両名のご冥福をお祈りします。
posted by こうじ at 23:55 | 映像作品

2016年07月07日

ゼロヨン対決



 爆笑しました(笑)
posted by こうじ at 23:53 |

2016年06月23日

10クローバーフィールドレーン

http://10cloverfieldlane.jp/



 地球侵略ものということで懲りずに観に行きました。
 低予算映画なので、大きく期待はしていませんでしたが、正解でした(笑)
 9割方が密室サスペンス。エイリアンパートは1割ほどです。
 エイリアンパートが少なかったとはいえ、やはりああいう非現実的な映像は楽しいものです。

 あと主人公のメアリー・エリザベス・ウィンステッドがジョン・マクレーンの娘に見えてしょうがなかったです(笑)

 さあ、来月はいよいよ地球侵略ものの大本命が公開です。
 めっちゃ楽しみや〜。

16062301.jpg16062302.jpg

 いつもは大きなスクリーンを求めて箕面の109シネマズに行ってたんですが、昨年11月にオープンしたエキスポシティの109シネマズのIMAXスクリーンが、箕面を超えるどころか、日本最大サイズであることをチケット購入直前に知り、迷わず購入。
 たしかにデカかったです。まぁ、箕面でも十分デカいんですけどね。
 来月のインデペンデンスデイは絶対ここで観ます!

16062303.jpg

 大きなガンダムの像がありました。

16062304.jpg

 まだ稼働していませんが、観覧車の巨大さに圧倒されました。
 日本一の高さらしいです。

16062305.jpg

 7月の稼働に向けて作業員さんががんばってました。

 僕の地元の近くには、かつて世界最大を誇ったイーゴス108という観覧車がありましたが、結局一度も乗らず終いでした。
 エキスポシティのが稼働したら乗ってみようかな。
posted by こうじ at 23:59 | 映像作品

2016年06月14日

エリーゼ S3 CR 購入

16061401.jpg

 車乗りかえました。

 詳細はレビューにて。
posted by こうじ at 21:20 |

2016年06月11日

マネーモンスター

http://www.moneymonster.jp/splash/



 面白そうだったので観に行きました。
 財テクとか全然分からないんですが楽しめました。

 予告見てて、何で犯人射殺しないのかな?と思ってたら、離すと起爆するボタンを犯人が押しているからということでした。

 キャッチコピー通りの「真実は生放送で暴かれる」話を楽しめたのですが、途中から犯人がかわいそうになってくる展開でした。
 ラストはしんみり・・・。久々ですね、こういう気持ちで終わった映画は。
posted by こうじ at 17:24 | 映像作品

2016年05月30日

エンド・オブ・キングダム

http://end-of-kingdom.com/



 エンド・オブ・ホワイトハウスの続編です。
 今度はロンドンで主要国の首脳が多数狙われます。

 先日、伊勢志摩サミットがあったばかりですが、映画みたいにならなくて良かったですね。
 そのときは仕事で名古屋にいましたが、高速道路が閉鎖されて思わぬ回り道をすることになりました。凄い警備体制でしたね。

 作品について、まず日本の首相の扱いがぞんざいで笑いました(笑)
 イタリアの首相も割とヒドかったです(笑)

 さすがアメリカ合衆国大統領の扱いは別格。
 予告映像でもあるように、護衛のヘリが身を盾にしてミサイルから大統領機を護ります。
 その指令を受け、然も当然のように「了解」と答えるパイロットに鳥肌。こういう人間こそが大統領の、そして国の威厳を高めるのだと思いました。

 そして今回も主人公バニングの、一瞬どちらが敵だったか忘れてしまうほどの容赦のなさっぷりは健在です(笑)

 大統領「殺す必要はあったのか?」
 バニング「いいえ(真顔)」 ← (笑)

 あと、終盤に敵のアジトに乗り込むときの銃撃戦はゼログラビティを彷彿させるような長回しで、凄い臨場感でした。FPS好きにはたまらないと思います。
posted by こうじ at 22:34 | 映像作品