2016年05月05日

フィフス・ウェイブ

http://www.5thwave.jp/site/



 地球侵略ものには目がないので見に行きました。

 石原さとみもついにハリウッドデビューかと思いましたが違いました(笑)

 第5のウェイブが明らかになるところまでは面白かったんですが、最後は展開にあまりに無理がある上に、カタルシスに欠ける終わり方。続編物であるため、仕方ないのかもしれませんが・・・。

 7月にいよいよ公開となるインデペンデンスデイの続編でスカッとしたいですね。
posted by こうじ at 23:32 | 映像作品

2016年04月29日

F16が医療機器を緊急輸送

F16戦闘機、救急患者の命を救う ノルウェー(AFPBB News)
http://www.afpbb.com/articles/-/3085000

 ノルウェー空軍かっこよすぎる・・・!

 映画化してほしいですね。
posted by こうじ at 17:47 | 航空・宇宙

2016年04月10日

Spectre

HP、ブラック&ゴールドが美しい13.3型世界最薄ノート
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/20160406_751812.html



 なんという美しさ・・・。

 HPのロゴもかっこよすぎる。
 スピーカーもB&Oとか本気さが伝わってくる。
 PCとしてのスペックもヤバいです。
 まさかHPからこんな製品が出てくるなんて・・・。

 この興奮はAdamoXPS以来。

 所有したい衝動に駆られましたが、実用面ではVAIO Duo 13で間に合ってますし、そもそも日本での発売は不明だそうです。
 画面が液晶で良かった。有機ELだったら全てを投げ打ってでも買うところです(笑)
posted by こうじ at 00:00 | デジガジェ

2016年04月02日

FF15の音楽

 今日気付いたんですが、FF15の音楽って下村陽子さんなんですね。(最近ゲーム情報に疎くなってます・・・)
 今でもパラサイト・イヴのサントラを聴いてるくらい下村さんの音楽が好きなので嬉しいです!





 なるほど、たしかに下村節が出てます。かっこよくてエレガント。FF15の雰囲気にピッタリ。
 あー、テンション上がるわ〜!

 聖剣伝説 Legend Of Manaの「Song of MANA」も、聴くだけで鳥肌が立って涙が出てくる数少ない名曲です。是非聴いてみてください。
posted by こうじ at 19:23 | ゲーム

2016年04月01日

FF15発売日決定



 ついに発売日が決定しました!今年の9/30です。あと半年ですね。
 最初に発表されてからもう10年にもなるんですね。時が過ぎるのは早いものです・・・。

 かなりアクション要素が強くアクロバティックな戦闘ができそうで楽しみです。

 その戦闘シーンへはシームレスに移行。
 シームレス信者の僕はFF12がとても好きでしたし、またシームレスで楽しめて嬉しいです!

 技術的には、ルミナススタジオによるフォトリアルなレンダリングに大注目です。
 上記最新トレーラーを見ての通り、物理ベースレンダリングのリアルさは半端ないです。こんな世界を自由に歩き回れるなんて最高ですね。
 85インチの大画面も手にしましたし、没入感も一際だと期待しています。

 少し残念なのは、上記トレーラーをフルスクリーンで鑑賞すると、けっこうジャギなどのエイリアスが目立ちます。シェーディングが非常に豊かでリアルなだけに余計に惜しいです。
 あと、イベントシーンではキャラクターモーションブラーがありますが、戦闘シーンなどでは省かれているようで、FF13までと同様、滑らかさが損なわれているように思います。
 発売までに改善されるかもしれませんが、難しいのなら是非、高品質版をPCで出してもらいたいですね。
posted by こうじ at 21:51 | ゲーム

2016年03月21日

ロペライオによるアヴェンタドールロードスターのレビュー



 高級車の中古ショップ「ロペライオ」によるアヴェンタドールロードスターのレビューです。

 このショップは、庶民には手の届かないようなスーパーカーを、至って庶民目線でレビューしてくれて、感動や驚きの生々しさがハンパないです。
 つーか、店員がそんなこと言っていいのか!?と、こちらが心配してしまうような欠点の指摘までします(笑)
 自動車評論家が抽象的な言葉で褒めまくるレビューも悪くはないんですが、こういう庶民目線の歯に衣着せぬレビューは好感が持てます。

 はぁ〜、アヴェンタのロードスター、マジかっけぇ・・・。
 つーか、この白(メイン)×黒(サブ)のボディ&ホイールに赤(挿し色)のブレーキキャリパーの配色がかっこよすぎる。アヴェンタでなくとも、白ボディの車なら絶対この配色にしたいですね。

 出発の際に走りながらシザードアを閉めるのやってみたかった、が共感でき過ぎて笑いました(笑)
 庶民の心をよく分かってらっしゃる(笑)

 そしてV12の咆哮は凄まじいです。獣です、獣。

 他の車のレビューも面白いので是非ご覧になってみてください。
posted by こうじ at 23:53 |

2016年02月29日

HGベジータ

http://p-bandai.jp/item/item-1000099029/



 震え具合の想像以上の出来に感動(笑)
 この震えを実現するのに8ヶ月も研究!

 「原型師コメント」や「各界から絶賛の声」も極まってます(笑)
 バンダイはHUNTER×HUNTERのヒソカのフィギュアでもやらかしているようですが、上司のコメントが同じなのがポイントです。

 イイ会社だなぁ〜。
posted by こうじ at 22:57 | デジガジェ

2016年02月08日

オデッセイ

http://www.foxmovies-jp.com/odyssey/



 インターステラーに続き、地球から遠く離れた星で孤独に過ごし、そして吹っ飛ぶマット・デイモンが主演です(笑)

 糞を肥料にして芋を栽培し、猛毒のヒドラジンから水を作り出し、放射性物質のプルトニウムで暖を取り、首を振ることしかできないカメラで情報量の多い双方向通信を実現し・・・と、英知を駆使して火星を生き延びる様はじつに見応えがありました。

 この作品を鑑賞した2月4日、アポロ14号で月面に到達した宇宙飛行士であるエドガー・ミッチェル氏が亡くなられました。地球外の天体へ有人着陸した時代がまた遠くなった気がします。この作品の時代のように新たな有人着陸の歴史を作ってもらいたいものです。

 以下、ネタバレ含みます。

続きを読む
posted by こうじ at 00:08 | 映像作品

2016年01月05日

キューバ危機・戦慄の記録 & 13デイズ

16010501.jpg

 キューバ危機の顛末が詳しく描かれたドキュメンタリー作品です。
 改めて、本当に核戦争寸前まで進展してたんだなと実感します。

 アメリカが偵察機U-2でキューバの核ミサイル配備に気付いたことでキューバ上陸作戦の決行が回避され、ひいてはそれに対する戦術核の使用が回避されたわけですが、U-2に見つかってしまったのは現場担当者によるミサイルの隠し方が杜撰だったからです。ソ連軍部の責任者はこのことに激怒していましたが、担当者がしっかりとミサイルを隠していたら核戦争が勃発していたでしょう・・・(汗)
 この現場担当者はキューバを、いや世界を救った英雄かもしれません。

 その後、海上臨検の緊張を経て、U-2撃墜によりアメリカは一歩も引けない状況に追い込まれ、最後はソ連の勘違い(アメリカが空爆実行を決断したと思い込んだ)により慌ててミサイル撤去を表明したりと、ヒヤヒヤものの展開でした。

16010502.jpg

 こちらはキューバ危機の13日間を描いた映画「13デイズ」。
 10年以上前から観ている作品ですが、上記ドキュメンタリーを観た後で観るのも面白いです。

 見所はホワイトハウスで繰り広げられる閣僚たちの熱い議論。共産主義と核の脅威を目の前にして、そらぁもう必死です。新国立競技場の問題など霞んでしまいそうですね(汗)

 この作品はソ連側上層部の描写が一切なく、疑心暗鬼感を高めています。
 しかしアメリカ側ではフルシチョフからの書簡に対し、強気な文言とは裏腹に行間から不安や焦りが読み取れるという冷静な分析が行われており恐れ入りました。このシーンを見て、大嫌いだった国語の重要性を初めて理解しました(笑)

 この作品に限らず、上層部による緊迫の会議シーンは、派手なアクションと同じくらい好きだったりします。プーチン大統領がそういうシーンに出演してくれたら狂喜乱舞するんですが・・・(笑)
posted by こうじ at 22:13 | 映像作品

2015年12月03日

御堂筋ワンダーストリート

15120301.jpg

 先日、大阪の御堂筋を通行止めにしてイベントが開催されました。
 色々な催しがあったのですが、一番の注目はF1マシンの公道走行です!

15120302.jpg15120303.jpg

15120304.jpg15120305.jpg

 生まれて初めて生で見るF1マシンに感激!
 しかも公道走行とか熱すぎる・・・!

 マシンは2003年にミハエル・シューマッハがワールドチャンピオンを獲得したときのF2003-GA。様々な制限で音が大人しくなった今のマシンとは違う凄まじい爆音を御堂筋中に響かせました。
 加速と振動でヘルメットがガタガタと揺れるところにも迫力を感じました。
 やっぱ生はちゃうわ。

 ドライバーは、日本人で初めて世界三大レースすべてに参戦した中野信治氏。
 大阪のご出身だったんですね。

 ステージでは橋下市長が「大阪でF1の公道レースをやるべき」と発言されたそうです。
 F1大阪グランプリ、是非実現してもらいたいですね。
posted by こうじ at 22:13 | スポーツ